「ゆるめる力 骨ストレッチ」松村卓著

公開日: 更新日:

 実業団の陸上短距離走者の経歴を持つ著者。ケガが多かった現役時代のトレーニングを見直し、古武術等を学んでたどりついたのが、骨を動かすストレッチだ。

 従来のストレッチは体の一部にしか作用せず、体全体のバランスが崩れてかえって自然な動きが妨げられる。しかし、骨を連動させて動かすことで、筋肉のこわばりが効果的にほぐれ、肩こりや腰痛などの改善も期待できるそうだ。

 まず試したいのが、「手首ブラブラ」のメソッド。片手の親指と小指で輪を作り、もう片方の手で手首の両側のぐりぐりした部分を押さえる。そして、押さえられた方の手首を左右に7回振る。たったこれだけで腕全体が軽くなり、肩関節のこわばりが取れるという。

 仕事の合間に30秒、やってみては?(文藝春秋 1180円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    さんまもサジ投げた?宮迫博之“なんちゃって懺悔録”の軽薄

  3. 3

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  4. 4

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  5. 5

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  6. 6

    連日過熱報道でついに悲鳴…渋野日向子が“国外逃亡”する日

  7. 7

    日テレ24時間マラソン 走者がポッチャリ女芸人偏重の事情

  8. 8

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  9. 9

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  10. 10

    日韓外相会談物別れでも SNS映えに走る河野外相悪ノリ外遊

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る