「『空腹』が人を健康にする」南雲吉則著

公開日: 更新日:

 空腹でお腹が鳴っているとき、「体の中ではうれしい反応が起きている」と著者は言う。それは若返り遺伝子とも呼ばれる長寿遺伝子の活性だ。

 この遺伝子は、体が飢餓状態になると何とか生命を維持しようと働き、全60兆個の細胞の遺伝子をスキャンして、壊れたり傷ついたりしている部分を修復してくれるのだという。

 そこで本書が推奨するのが、1日1食生活。1週間ほどで体重がぐんと減るのはもちろん、中高年男性は“オヤジ臭”がほとんどなくなっていることに気づくはずだ。

 血中のコレステロールは男性ホルモンの原料になるが、過剰になると皮脂の分泌を増やして抜け毛や体臭の原因となる。1日1食を続ければ、健康で若々しい見た目も手に入れることができるだろう。(サンマーク出版 600円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  3. 3

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  4. 4

    ロンブー淳が明かす「山本太郎に口説かれたこともある」

  5. 5

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  6. 6

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  7. 7

    元ワンギャル須之内美帆子さんがマレーシアに移住したワケ

  8. 8

    加藤浩次「スッキリ」3月に自主降板か MC後任に山里亮太説

  9. 9

    文春砲で改名を余儀なくされた元・羽生ゆずれないさんは今

  10. 10

    主軸周辺で仕事きっちり G亀井アラフォー年俸1億円あるか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る