「『空腹』が人を健康にする」南雲吉則著

公開日: 更新日:

 空腹でお腹が鳴っているとき、「体の中ではうれしい反応が起きている」と著者は言う。それは若返り遺伝子とも呼ばれる長寿遺伝子の活性だ。

 この遺伝子は、体が飢餓状態になると何とか生命を維持しようと働き、全60兆個の細胞の遺伝子をスキャンして、壊れたり傷ついたりしている部分を修復してくれるのだという。

 そこで本書が推奨するのが、1日1食生活。1週間ほどで体重がぐんと減るのはもちろん、中高年男性は“オヤジ臭”がほとんどなくなっていることに気づくはずだ。

 血中のコレステロールは男性ホルモンの原料になるが、過剰になると皮脂の分泌を増やして抜け毛や体臭の原因となる。1日1食を続ければ、健康で若々しい見た目も手に入れることができるだろう。(サンマーク出版 600円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  2. 2

    ジャニー氏救急搬送で“長男”の役目を放棄したマッチの今後

  3. 3

    東京五輪陸上「日本は世界の笑いモノに」元陸連幹部が警鐘

  4. 4

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  5. 5

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  6. 6

    父と慕ったジャニー氏死去 TOKIOリーダー城島茂はどうなる

  7. 7

    G岡本とカープ誠也…悩める4番が球宴で交わした会話の中身

  8. 8

    「主戦場」デザキ監督 右派の一貫性のなさを見せたかった

  9. 9

    フレッシュ球宴“高卒BIG4”再会で根尾が感じた「プロの壁」

  10. 10

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る