「『空腹』が人を健康にする」南雲吉則著

公開日: 更新日:

 空腹でお腹が鳴っているとき、「体の中ではうれしい反応が起きている」と著者は言う。それは若返り遺伝子とも呼ばれる長寿遺伝子の活性だ。

 この遺伝子は、体が飢餓状態になると何とか生命を維持しようと働き、全60兆個の細胞の遺伝子をスキャンして、壊れたり傷ついたりしている部分を修復してくれるのだという。

 そこで本書が推奨するのが、1日1食生活。1週間ほどで体重がぐんと減るのはもちろん、中高年男性は“オヤジ臭”がほとんどなくなっていることに気づくはずだ。

 血中のコレステロールは男性ホルモンの原料になるが、過剰になると皮脂の分泌を増やして抜け毛や体臭の原因となる。1日1食を続ければ、健康で若々しい見た目も手に入れることができるだろう。(サンマーク出版 600円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  3. 3

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  4. 4

    持続化給付金の不正受給 早急に返金と自首をするべき

  5. 5

    焦るトランプ…フロリダ州で負ければ米大統領選はアウト

  6. 6

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  7. 7

    白石麻衣10.28乃木坂卒業で注目 ソロ活動と恋愛解禁Xデー

  8. 8

    Gドラ1は投手捨て野手に…乗り換えた原監督の不安と不満

  9. 9

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  10. 10

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

もっと見る

人気キーワード