• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
香山リカ
著者のコラム一覧
香山リカ精神科医・立教大学現代心理学部映像身体学科教授

1960年、北海道生まれ。東京医科大卒。NHKラジオ「香山リカのココロの美容液」パーソナリティー。著書に「執着 生きづらさの正体」ほか多数。

ギャップ萌えの自己演出に心が凍りついた

投稿日:  更新日:

「ブラック・デモクラシー 民主主義の罠」藤井聡編、適菜収ほか著

 大阪ダブル選直前に出た本書を、「維新2勝」の結果を見届けてからおもむろに読み始める。

 維新の中心人物・橋下徹氏は、一見すると“デモクラシーの人”である。選挙で選ばれて府知事になり市長になり、さらに大阪都構想の住民投票で負けて政界引退する、と言った。そこが「潔い」と評価され、橋下氏の人気が再上昇したのも今回のダブル選勝利につながったのだろう。

 しかし、「デモクラシー=多数決」ならそれは“正しい決断”であり、そのもとで行われるのは“正しい政治”なのか。本書は実は「悪を生み出すデモクラシー」もあると主張し、橋下政治はまさに「ブラック・デモクラシー」なのだと仮定しながら5人の論者が多角的に論じた大胆な論集なのである。編者でもある藤井聡氏によると、“ブラック”の場合、徹底的な詭弁、言論封殺、プロパガンダで世論を誘導しておいて、その結果、選挙なり投票を行って、その結果を絶対視するという特徴がある。またそのプロセスで必要なのは、いささかもためらいがないというニヒリズムだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  3. 3

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  4. 4

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  7. 7

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  10. 10

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

もっと見る