香山リカ
著者のコラム一覧
香山リカ精神科医・立教大学現代心理学部映像身体学科教授

1960年、北海道生まれ。東京医科大卒。NHKラジオ「香山リカのココロの美容液」パーソナリティー。著書に「執着 生きづらさの正体」ほか多数。

知性主義の回復の芽を感じる希望の書

公開日:  更新日:

「官僚階級論」佐藤優著

 書店をのぞけば必ず並んでいる佐藤優氏の新刊。私は「政治と宗教について大切なことはすべて佐藤優から教わった」と言ってよいほどの佐藤マニアであるが(笑い)、とてもすべては読みきれない。そんな私と同じ心境の人におすすめしたいのが、「官僚階級論」である。本書は「官僚とは何か、いつ成立したか」という官僚論の体裁を取っているが、そこには国家、キリスト教、マルクス主義、そして沖縄といった佐藤思想のエッセンスがぎゅっと詰まっている。他の著作同様、さまざまな人名、書名が登場してめまいがしそうになるが、語り口調はやさしく脚注も親切だ。興味のあるパートから拾い読みしてもよいだろう。

 さて、本書の読み方はさておき、肝心の官僚論についても少し触れておこう。著者の考えは明確で、マルクスは社会から「資本家・地主・労働者」の3つの階級が生まれるというモデルを考えたが、その外にある「国家」まで視野に入れると、4つ目の階級として「官僚」が必然的に出現することになる。つまり、「官僚」は職業でも立場でもなく、階級だというのが著者の主張の要だ。そう考えると、国家存続のためにその実体を担う官僚が暴走したり、国民に強権を行使したりするのも当然といえる。それは官僚それぞれの人がらなどとは関係ないことなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  2. 2

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  3. 3

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  4. 4

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  5. 5

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

  6. 6

    広島移籍の長野が本音を吐露「新井さんの代わり荷が重い」

  7. 7

    メディアは国のトップ発言の垂れ流しを終わりにするべき

  8. 8

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  9. 9

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  10. 10

    鈴木誠也の2位指名は“凡打ばかりのプレゼン”も一役買った

もっと見る