• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
香山リカ
著者のコラム一覧
香山リカ精神科医・立教大学現代心理学部映像身体学科教授

1960年、北海道生まれ。東京医科大卒。NHKラジオ「香山リカのココロの美容液」パーソナリティー。著書に「執着 生きづらさの正体」ほか多数。

こんな人が私の診療室を訪れたら、迷わず認知療法を

「安倍さんとホンネで話した700時間」青山和弘著

 あるとき知り合いのジャーナリストに言われた。「安倍政権を批判するなら、きちんと相手を知らなければダメだよ」。そして薦められたのがこの本。著者は日本テレビの現役解説委員、安保法が参院審議中に総理自ら出演した情報番組で「廃案になっては困るんです」とコメントし、あまりに中立性を欠いていると話題になったこともあった。

 当然のごとく、本書も各章の終わりこそ「自分の意見に反する人の意見も尊重して」などと安倍総理への“注文”らしき一文で締められているが、ほかは全面的に総理の発言をそのまままとめてみました、といったふうとなっている。仮にもジャーナリストの書いた本がこれか、などツッコミたくなる気持ちを抑えて読み進めるまでもなく、冒頭の章に決定的なことが書かれている。

 すなわち「安倍さんは自分たちが『抑圧された少数派なのだ』という感覚を持って」おり、「この感覚は、その後の安倍さんの行動原理を読み解くうえで、重要な鍵」になるというのだ。もちろん、その感覚がはじめて芽生えたのは「本当に優しいおじいさん」岸信介へのバッシングを目の当たりにしたときだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    内閣府の仰天“解釈” 「加計は利害関係者にあらず」の詭弁

  4. 4

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  5. 5

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  6. 6

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  7. 7

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  8. 8

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  9. 9

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  10. 10

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

もっと見る