香山リカ
著者のコラム一覧
香山リカ精神科医・立教大学現代心理学部映像身体学科教授

1960年、北海道生まれ。東京医科大卒。NHKラジオ「香山リカのココロの美容液」パーソナリティー。著書に「執着 生きづらさの正体」ほか多数。

こんな人が私の診療室を訪れたら、迷わず認知療法を

公開日: 更新日:

「安倍さんとホンネで話した700時間」青山和弘著

 あるとき知り合いのジャーナリストに言われた。「安倍政権を批判するなら、きちんと相手を知らなければダメだよ」。そして薦められたのがこの本。著者は日本テレビの現役解説委員、安保法が参院審議中に総理自ら出演した情報番組で「廃案になっては困るんです」とコメントし、あまりに中立性を欠いていると話題になったこともあった。

 当然のごとく、本書も各章の終わりこそ「自分の意見に反する人の意見も尊重して」などと安倍総理への“注文”らしき一文で締められているが、ほかは全面的に総理の発言をそのまままとめてみました、といったふうとなっている。仮にもジャーナリストの書いた本がこれか、などツッコミたくなる気持ちを抑えて読み進めるまでもなく、冒頭の章に決定的なことが書かれている。

 すなわち「安倍さんは自分たちが『抑圧された少数派なのだ』という感覚を持って」おり、「この感覚は、その後の安倍さんの行動原理を読み解くうえで、重要な鍵」になるというのだ。もちろん、その感覚がはじめて芽生えたのは「本当に優しいおじいさん」岸信介へのバッシングを目の当たりにしたときだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    菅首相にバイデン“塩対応”…五輪は「開催努力」支持どまり

  4. 4

    松山は偉業達成も…ちょっと残念だった日本語優勝スピーチ

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    ダウンタウン浜田雅功がアラ還にして成功した"可愛い戦略"

  9. 9

    日米首脳会談“台湾問題”中国激怒で打撃を受けかねない14社

  10. 10

    習近平はヒトラーになるのか 中国の自信はファシズムの萌芽

もっと見る

人気キーワード