「あしたは戦争 巨匠たちの想像力[戦時体制]」小松左京ほか著、日本SF作家クラブ企画協力

公開日:  更新日:

「戦時体制」を描く巨匠10人のアンソロジー

 小野は、同じ団地に住む会社の後輩・武井から一通の封書を見せられる。数日前に届いたというそれは召集令状だった。翌朝、武井は無断欠勤。不審を抱く小野は他の若手社員にも武井と同じ召集令状が届いていることを知る。

 やがて、召集令状は社内だけでなく、全国の若者に届き、受け取った者たちが続々と失踪していることが明らかになる。広がる召集令状と若者の失踪に、人々はこの世界のどこか裏側で目に見えない戦争が起こっていることを確信する。さらに、息子を奪われた家族の元に戦死公報まで舞い込み始める。(小松左京著「召集令状」)

 ほか、手塚治虫や江戸川乱歩など。戦争体験世代の巨匠10人の戦争をテーマにした作品を編んだアンソロジー。(筑摩書房 1000円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る