• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「シャーロック・ ホームズの思考術」マリア・コニコヴァ著、日暮雅通訳

脳にある「ワトソン」と「ホームズ」の2つのシステム

 名探偵の思考法を最新の心理学と脳神経科学の知見から分析したノンフィクション。

 ホームズの人間の心に対する洞察力やものの考え方は、犯罪捜査とは無縁の多くの事柄に応用することができるという。人間の脳は2つのシステムをベースにして動いている。一方は反応が速く、直感的で反射的。もう一方は反応が緩く、より慎重で、より徹底して、論理にかなった動きをする。クールで思慮深い後者のシステムの方が脳を消費するので、私たちは思考する時間のほとんどで前者のシステムを使う。それぞれを「ワトソン・システム」と「ホームズ・システム」と名付け、「脳という屋根裏部屋」の利用と管理の方法を解説する。(早川書房 920円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  3. 3

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  4. 4

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  5. 5

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  6. 6

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  7. 7

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

  8. 8

    ロッテは身売り否定も…ZOZO前澤氏が招く“球界再編”第2幕

  9. 9

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  10. 10

    「別に」から完全復活…沢尻エリカは豹変したか猫かぶりか

もっと見る