「シャーロック・ ホームズの思考術」マリア・コニコヴァ著、日暮雅通訳

公開日: 更新日:

脳にある「ワトソン」と「ホームズ」の2つのシステム

 名探偵の思考法を最新の心理学と脳神経科学の知見から分析したノンフィクション。

 ホームズの人間の心に対する洞察力やものの考え方は、犯罪捜査とは無縁の多くの事柄に応用することができるという。人間の脳は2つのシステムをベースにして動いている。一方は反応が速く、直感的で反射的。もう一方は反応が緩く、より慎重で、より徹底して、論理にかなった動きをする。クールで思慮深い後者のシステムの方が脳を消費するので、私たちは思考する時間のほとんどで前者のシステムを使う。それぞれを「ワトソン・システム」と「ホームズ・システム」と名付け、「脳という屋根裏部屋」の利用と管理の方法を解説する。(早川書房 920円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    韓国人の予感が的中…誰も驚かなかった日本のコロナ拡大

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    GoTo足かせで宿泊施設増えず…コロナ隔離難民であふれ返る

  6. 6

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  7. 7

    加藤厚労相“指揮権放棄” コロナ禍から逃げまくり表に出ず

  8. 8

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  9. 9

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

  10. 10

    保坂展人・世田谷区長に聞く PCR検査を独自拡大する狙い

もっと見る