「シャーロック・ ホームズの思考術」マリア・コニコヴァ著、日暮雅通訳

公開日:  更新日:

脳にある「ワトソン」と「ホームズ」の2つのシステム

 名探偵の思考法を最新の心理学と脳神経科学の知見から分析したノンフィクション。

 ホームズの人間の心に対する洞察力やものの考え方は、犯罪捜査とは無縁の多くの事柄に応用することができるという。人間の脳は2つのシステムをベースにして動いている。一方は反応が速く、直感的で反射的。もう一方は反応が緩く、より慎重で、より徹底して、論理にかなった動きをする。クールで思慮深い後者のシステムの方が脳を消費するので、私たちは思考する時間のほとんどで前者のシステムを使う。それぞれを「ワトソン・システム」と「ホームズ・システム」と名付け、「脳という屋根裏部屋」の利用と管理の方法を解説する。(早川書房 920円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  3. 3

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  6. 6

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  7. 7

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  8. 8

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

もっと見る