「ライジング・ロード」高嶋哲夫著

公開日: 更新日:

 大手電機メーカーで発電システムの開発をしていた29歳の陽子は、上司と衝突して退職し、三陸海岸近くの大学の非常勤講師となる。採用の条件は、大学の知名度を上げるために全日本ソーラーカーレースで優勝することだった。

 地区選抜レースなどを通過するごとに講師、准教授と昇進を約束された陽子だが、ソーラーカーについては全くの素人。おまけに上司となる谷本教授の研究室に在籍する学生は1人もおらず、人手もない。陽子は大学院生の友美と、学生集めから始める。何とか銀行を早期退職して入学したという56歳の大塚など5人を集め、手探りでプロジェクトがスタートする。

 三流大学の学生たちが震災を乗り越え挑戦していく姿を描く長編小説。(PHP研究所 840円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  2. 2

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

  3. 3

    悪徳マルチ元会長逮捕で安倍前首相が国会で“球拾い”する日

  4. 4

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  5. 5

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  6. 6

    宝くじ億万長者の2人…同じ数字の組み合わせを20年間継続

  7. 7

    「集団就職」の真偽を問いただすと口調が興奮気味に一変

  8. 8

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  9. 9

    <前>菅首相も舌を巻く…自分ファースト小池知事の粛清人事

  10. 10

    テレ朝がすがる沢口靖子 米倉失速で“新・ドラマの女王”に

もっと見る