「ライジング・ロード」高嶋哲夫著

公開日: 更新日:

 大手電機メーカーで発電システムの開発をしていた29歳の陽子は、上司と衝突して退職し、三陸海岸近くの大学の非常勤講師となる。採用の条件は、大学の知名度を上げるために全日本ソーラーカーレースで優勝することだった。

 地区選抜レースなどを通過するごとに講師、准教授と昇進を約束された陽子だが、ソーラーカーについては全くの素人。おまけに上司となる谷本教授の研究室に在籍する学生は1人もおらず、人手もない。陽子は大学院生の友美と、学生集めから始める。何とか銀行を早期退職して入学したという56歳の大塚など5人を集め、手探りでプロジェクトがスタートする。

 三流大学の学生たちが震災を乗り越え挑戦していく姿を描く長編小説。(PHP研究所 840円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河野太郎は防衛相の横滑りに「格下げだ」と難色示し抵抗

  2. 2

    安倍首相も大誤算 進次郎の人気凋落「次の総理」調査9P減

  3. 3

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  4. 4

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  5. 5

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  6. 6

    TOKIO城島の結婚を阻む ジャニーズの「リーダー暗黙の掟」

  7. 7

    台風で倒れたゴルフ場のポールで家屋投壊…責任はどこに?

  8. 8

    小泉進次郎は実績ゼロの焦りから安倍首相の軍門に入り入閣

  9. 9

    人気番組で立て続けに発覚…TBS“やらせ”横行の深刻事情

  10. 10

    未婚世帯vs既婚世帯 生涯年金額「3900万円」の開きがある

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る