「古書泥棒という職業の男たち」トラヴィス・マクデード著、矢沢聖子訳

公開日: 更新日:

 マンハッタンの書店街「ブック・ロウ」で20世紀初頭に起きた盗本事件をテーマにした犯罪ノンフィクション。

 1926年ごろから約5年間、「ブック・ロウの窃盗団」が暗躍。驚くべきことに窃盗団のリーダーは、古書店主たちで、彼らの本の入手先は公共の図書館だったという。彼らは店の客らを「書籍発掘要員(ブック・スカウト)」に仕立て、稀覯本のリストと共に、それが図書館のどの書架に行けば見つかり、どのようにして手に入れるかを指示。

 1829年にわずか250部だけ刷られたエドガー・アラン・ポーの無名時代の詩集を巡る窃盗団とニューヨーク公共図書館の特別捜査員の攻防を軸に描かれ、ミステリーさながらの読み応えだ。(原書房 2500円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  2. 2

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  3. 3

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  4. 4

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  5. 5

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  6. 6

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  7. 7

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  8. 8

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  9. 9

    開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

  10. 10

    DeNA“オープナー制”実らず データ野球浸透の壁を識者指摘

もっと見る