• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「古書泥棒という職業の男たち」トラヴィス・マクデード著、矢沢聖子訳

 マンハッタンの書店街「ブック・ロウ」で20世紀初頭に起きた盗本事件をテーマにした犯罪ノンフィクション。

 1926年ごろから約5年間、「ブック・ロウの窃盗団」が暗躍。驚くべきことに窃盗団のリーダーは、古書店主たちで、彼らの本の入手先は公共の図書館だったという。彼らは店の客らを「書籍発掘要員(ブック・スカウト)」に仕立て、稀覯本のリストと共に、それが図書館のどの書架に行けば見つかり、どのようにして手に入れるかを指示。

 1829年にわずか250部だけ刷られたエドガー・アラン・ポーの無名時代の詩集を巡る窃盗団とニューヨーク公共図書館の特別捜査員の攻防を軸に描かれ、ミステリーさながらの読み応えだ。(原書房 2500円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  5. 5

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  8. 8

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  9. 9

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  10. 10

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

もっと見る