「古書泥棒という職業の男たち」トラヴィス・マクデード著、矢沢聖子訳

公開日:  更新日:

 マンハッタンの書店街「ブック・ロウ」で20世紀初頭に起きた盗本事件をテーマにした犯罪ノンフィクション。

 1926年ごろから約5年間、「ブック・ロウの窃盗団」が暗躍。驚くべきことに窃盗団のリーダーは、古書店主たちで、彼らの本の入手先は公共の図書館だったという。彼らは店の客らを「書籍発掘要員(ブック・スカウト)」に仕立て、稀覯本のリストと共に、それが図書館のどの書架に行けば見つかり、どのようにして手に入れるかを指示。

 1829年にわずか250部だけ刷られたエドガー・アラン・ポーの無名時代の詩集を巡る窃盗団とニューヨーク公共図書館の特別捜査員の攻防を軸に描かれ、ミステリーさながらの読み応えだ。(原書房 2500円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    電動車いすで店に入れず…理髪師から広がった思いやりの輪

  10. 10

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

もっと見る