「分断社会を終わらせる」井手英策、古市将人、宮﨑雅人著

公開日:  更新日:

 財政問題から、分断された日本社会の閉塞状況を分析し、打開策を提示するリポート。

 政府は景気対策のために多額の借金を財源に組み込み、都市中間層向けの所得減税と地方向けの公共投資を続ける代わりに、社会保障や教育は個人と市場にゆだねてきた。日本人の労働への義務意識が染み込んだこの「勤労国家レジーム」はかつて成長を支える好循環を生み出したが、今は負のフィードバックへと変質し、私たちの生きづらさや不安を増殖しているという。

 この負の遺産によって社会が陥っている「三つの罠」を解説。この罠から抜け出すために、人間の生存・生活に関わる基礎的ニーズを財政が満たす「必要原理」に基づいた財政戦略を提唱する。(筑摩書房 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る