「乳房に蚊」足立紳著

公開日: 更新日:

 売れないシナリオライターの柳田は、家計を支える妻のチカに頭が上がらない。結婚して10年、愛情はほとんど残っていないが、セックスの相手はチカしかいない。しかし、チカをその気にさせるのは難しく、強引に持ち込もうとすると裏拳が飛んでくる。

 そんなある日、以前に出した企画書が動きだし、プロデューサーからシナリオ化を打診される。うどんを早打ちする実在の女子高生を主人公にした企画のため、柳田は自腹で四国に取材に行くことに。家族旅行をかねて、チカと娘と高松にたどり着いた柳田だが、くだんの女子高生の映画化がすでに進んでいることが分かり、唖然となる。

 倦怠期の夫婦を主人公にした面白くも切ない現代版「夫婦善哉」。(幻冬舎 1300円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  2. 2

    立憲安住淳氏 国民目線でなければ政権から引きずり降ろす

  3. 3

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  4. 4

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  5. 5

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  6. 6

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  7. 7

    竹内結子さん自死 芸能界「理想と現実」の乖離が背景に?

  8. 8

    ボディコン姿で人気 元女子プロレスラー穂積詩子さんは今

  9. 9

    ザ・グレート・カブキさん 怪奇派レスラーは居酒屋を経営

  10. 10

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

もっと見る

人気キーワード