「おだやかに、シンプルに生きる」枡野俊明著

公開日: 更新日:

 禅僧であり、庭園デザイナーとしても知られる著者が、禅語を紹介しながら、穏やかな心を保ち、心安らかに生きるヒントを説いた生き方エッセー。

 例えば「非思量(ひしりょう)」。座禅を組むときには何も考えてはいけないというが、修行を積んだ禅僧でもなかなか無の状態にはなれないという。大切なのは、頭に浮かぶ考えや感情にとらわれないこと。もう考えるのはやめようと自身に言い聞かせ、できる限り「考えない」という方向に頭を持っていくのが「非思量」の教えだそうだ。

 こうしたシンプルに生きるための方法をはじめ、「悟無好悪(さとればこうおなし)」などを例に説く人付き合いの心得から仕事との向き合い方まで。51の禅語が豊かな人生へと導く。(PHP研究所 620円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    ポスト安倍に西村康稔氏が急浮上 支持率急落で主流派焦り

  3. 3

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  4. 4

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  5. 5

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  6. 6

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  7. 7

    朝日・産経は過去に賭け麻雀追及 黒川氏“雀友”3人の責任は

  8. 8

    安倍は森友と桜の2大疑惑が同時に司法の手にかかり断末魔

  9. 9

    木村花さんの死を招きついに打ち切り…「テラハ」の罪と罰

  10. 10

    支持率20%台の危険水域 安倍首相「8.24退陣説」囁かれる

もっと見る