「へこたれない人」佐藤雅美著

公開日: 更新日:

 南町奉行所物書同心の紋蔵は、筆頭与力の安藤から相談を持ち掛けられる。あるお偉方が音羽の岡場所を取り潰せと言っているという。しかし、音羽とつながる町方の廻り方らが大騒ぎするのは目に見えており、理由もなく音羽だけを取り潰す妙案は浮かばない。

 そんな中、紋蔵は娘婿の鉄三郎を小石川の屋敷に見舞う。その帰り道、紋蔵は仁室寺の寺男吉兵衛に声をかけられる。別の寺で働く吉兵衛の息子が失踪したという。住職の手文庫からは金が消えていたらしい。紋蔵は奉行所に届ける前に、まずは息子を捜すよう助言する。帰宅した紋蔵を待っていたのは鉄三郎の訃報だった。(「音羽者の知恵」)

 人気捕物帖「物書同心居眠り紋蔵」第12弾。(講談社 720円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  2. 2

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  5. 5

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  6. 6

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  7. 7

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  8. 8

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

  9. 9

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  10. 10

    「集団左遷」初回13.8%も…福山雅治“顔芸”への違和感

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る