「純喫茶」姫野カオルコ著

公開日: 更新日:

 西暦2000年のある金曜日の夜、スターバックスで夕食をとる私の脳裏に、3歳10カ月のときの出来事が鮮明によみがえる。

 その夜、父は、突然「特急こだま」の玩具が欲しいと駄々をこねた私を自転車に乗せ、「大阪チェーンストア」に連れていき、店員に無理を言って、閉店後の店内に入れてもらった。私が一人っ子だと知り、そのわがままに納得していた店員たちの表情まで思い出す。そのとき、私は別にこだまが欲しいわけではなかった。私は父が44歳のときの子で、3歳10カ月の私の目にも父と母の結婚は幸せそうには映らなかった。(「特急こだま東海道線を走る」)

 息苦しくなるほど鮮明に覚えている幼い日々の記憶を題材にした短編集。(PHP研究所 540円+税)





日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  2. 2

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  3. 3

    竹内結子さん自死 芸能界「理想と現実」の乖離が背景に?

  4. 4

    竹内結子さんと芦名星さんを結ぶ点と線…連鎖はあるのか?

  5. 5

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

  6. 6

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  7. 7

    菅家は恵まれた家 姉2人は国立大に、弟は慶大に進んだ

  8. 8

    アベノマスクやはり“バカ高”だった…黒塗り忘れで単価バレ

  9. 9

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  10. 10

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

もっと見る

人気キーワード