「純喫茶」姫野カオルコ著

公開日:  更新日:

 西暦2000年のある金曜日の夜、スターバックスで夕食をとる私の脳裏に、3歳10カ月のときの出来事が鮮明によみがえる。

 その夜、父は、突然「特急こだま」の玩具が欲しいと駄々をこねた私を自転車に乗せ、「大阪チェーンストア」に連れていき、店員に無理を言って、閉店後の店内に入れてもらった。私が一人っ子だと知り、そのわがままに納得していた店員たちの表情まで思い出す。そのとき、私は別にこだまが欲しいわけではなかった。私は父が44歳のときの子で、3歳10カ月の私の目にも父と母の結婚は幸せそうには映らなかった。(「特急こだま東海道線を走る」)

 息苦しくなるほど鮮明に覚えている幼い日々の記憶を題材にした短編集。(PHP研究所 540円+税)





日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    安室奈美恵と樹木希林…残す言葉から“去り際”を研究する

もっと見る