• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「純喫茶」姫野カオルコ著

 西暦2000年のある金曜日の夜、スターバックスで夕食をとる私の脳裏に、3歳10カ月のときの出来事が鮮明によみがえる。

 その夜、父は、突然「特急こだま」の玩具が欲しいと駄々をこねた私を自転車に乗せ、「大阪チェーンストア」に連れていき、店員に無理を言って、閉店後の店内に入れてもらった。私が一人っ子だと知り、そのわがままに納得していた店員たちの表情まで思い出す。そのとき、私は別にこだまが欲しいわけではなかった。私は父が44歳のときの子で、3歳10カ月の私の目にも父と母の結婚は幸せそうには映らなかった。(「特急こだま東海道線を走る」)

 息苦しくなるほど鮮明に覚えている幼い日々の記憶を題材にした短編集。(PHP研究所 540円+税)





日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  6. 6

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  9. 9

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

  10. 10

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

もっと見る