• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「象の墓場」楡周平著

 1992年、写真感光材メーカー、ソアラ社日本法人に勤務する最上は新製品の担当に異動する。本社が社運をかけて開発した新製品は、フィルムをデジタル化する画像保管システムで、データを記録したCDをテレビで再生するプレーヤーも売り出すという。しかし、最上にはパソコンもまだ家庭に普及していないのに、売れるとは思えない。懸念を抱きながらも最上は、同僚の荻島とプロジェクトを進める。新製品のビジネスモデル確立をもくろむ本社は、日本にプレーヤー1万台のノルマを課してきた。

 かつて著者が勤務していたコダック社をモデルに、急激なデジタル化に立ち向かう個人と会社を描いた企業小説。(光文社 880円+税)





日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  7. 7

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    藤井氏“安倍内閣は酷すぎ”発言 なかなかいえない本当の話

  10. 10

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

もっと見る