「象の墓場」楡周平著

公開日:  更新日:

 1992年、写真感光材メーカー、ソアラ社日本法人に勤務する最上は新製品の担当に異動する。本社が社運をかけて開発した新製品は、フィルムをデジタル化する画像保管システムで、データを記録したCDをテレビで再生するプレーヤーも売り出すという。しかし、最上にはパソコンもまだ家庭に普及していないのに、売れるとは思えない。懸念を抱きながらも最上は、同僚の荻島とプロジェクトを進める。新製品のビジネスモデル確立をもくろむ本社は、日本にプレーヤー1万台のノルマを課してきた。

 かつて著者が勤務していたコダック社をモデルに、急激なデジタル化に立ち向かう個人と会社を描いた企業小説。(光文社 880円+税)





日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  10. 10

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

もっと見る