「象の墓場」楡周平著

公開日: 更新日:

 1992年、写真感光材メーカー、ソアラ社日本法人に勤務する最上は新製品の担当に異動する。本社が社運をかけて開発した新製品は、フィルムをデジタル化する画像保管システムで、データを記録したCDをテレビで再生するプレーヤーも売り出すという。しかし、最上にはパソコンもまだ家庭に普及していないのに、売れるとは思えない。懸念を抱きながらも最上は、同僚の荻島とプロジェクトを進める。新製品のビジネスモデル確立をもくろむ本社は、日本にプレーヤー1万台のノルマを課してきた。

 かつて著者が勤務していたコダック社をモデルに、急激なデジタル化に立ち向かう個人と会社を描いた企業小説。(光文社 880円+税)





日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  4. 4

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  5. 5

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  6. 6

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  7. 7

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  8. 8

    洪水に襲われた農地に小型冷蔵庫!その中身に全米ホッコリ

  9. 9

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

  10. 10

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

もっと見る