• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「象の墓場」楡周平著

 1992年、写真感光材メーカー、ソアラ社日本法人に勤務する最上は新製品の担当に異動する。本社が社運をかけて開発した新製品は、フィルムをデジタル化する画像保管システムで、データを記録したCDをテレビで再生するプレーヤーも売り出すという。しかし、最上にはパソコンもまだ家庭に普及していないのに、売れるとは思えない。懸念を抱きながらも最上は、同僚の荻島とプロジェクトを進める。新製品のビジネスモデル確立をもくろむ本社は、日本にプレーヤー1万台のノルマを課してきた。

 かつて著者が勤務していたコダック社をモデルに、急激なデジタル化に立ち向かう個人と会社を描いた企業小説。(光文社 880円+税)





日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  3. 3

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  4. 4

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  5. 5

    9歳女児が下敷きに “違法建築ブロック塀”誰が有罪になる?

  6. 6

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  7. 7

    菅長官が“枚方市”を誤読し大炎上…被災自治体「抗議した」

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

もっと見る