• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「風神剣始末 走れ、半兵衛」森詠著

 日本一の剣客を目指し諸国を行脚しながら武者修行する半兵衛は、知心流とともに酔剣を操る師のもとで「天上天下唯我独尊神仙夢想流」の免許皆伝も授かった。ある日、幕閣の老中安藤信正に呼び出された半兵衛は、所領の磐城平藩の陸奥にある分領の山村に住む風神剣を操る一派の退治を依頼される。一派は分領で見つかった金山開発の障害になっているという。しかし、幕府や磐城平藩のために働く気がない半兵衛は報奨金500両に目もくれず依頼を断る。一方で風神剣がどんなものか興味が湧いた半兵衛は、依頼とは別に単身で陸奥に乗り込むことに。

 女と酒にめっぽう弱い半兵衛を主人公にした人気シリーズ最新刊。(実業之日本社 593円+税)







日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  7. 7

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る