「メサイア 警備局特別公安五係」高殿円著

公開日: 更新日:

 超軍縮会議によって各国の軍隊は人口の0・1%に縮小。大量破壊兵器の開発生産も禁止され、戦争は諜報戦へと移行して7年が経った皇暦111年。特秘機関「サクラ」の養成機関で基礎教育を終えた海棠(かいどう)は、上司の一嶋から御津見と引き合わせられる。

 今後、御津見が海棠のメサイアとなるというのだ。通称サクラと呼ばれる警備局特別公安五係は、スパイなど日本に邪魔な人間を事故や自然死を装って始末する殺し屋だった。任務に失敗したサクラは見捨てられるのが掟だが、メサイアだけは例外で、相棒を助けに駆け付けることを許されている。メサイアは戸籍もなく、法律上はこの世に存在しないサクラの唯一の絆だった。

 圧倒的世界観で描き出す長編スパイ小説。(講談社 760円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  3. 3

    マリエ枕営業騒動にみる「根に持つ女性」の賢いあしらい方

  4. 4

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  5. 5

    出川哲朗は枕営業騒動で一番深手…“救いの手”はあるのか

  6. 6

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  7. 7

    小室圭さんが母の元婚約者に“解決金” 支払いは誰が?

  8. 8

    小室圭さん400万円で破談寸前に 初動ミスを招いたプライド

  9. 9

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  10. 10

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

もっと見る

人気キーワード