「メサイア 警備局特別公安五係」高殿円著

公開日: 更新日:

 超軍縮会議によって各国の軍隊は人口の0・1%に縮小。大量破壊兵器の開発生産も禁止され、戦争は諜報戦へと移行して7年が経った皇暦111年。特秘機関「サクラ」の養成機関で基礎教育を終えた海棠(かいどう)は、上司の一嶋から御津見と引き合わせられる。

 今後、御津見が海棠のメサイアとなるというのだ。通称サクラと呼ばれる警備局特別公安五係は、スパイなど日本に邪魔な人間を事故や自然死を装って始末する殺し屋だった。任務に失敗したサクラは見捨てられるのが掟だが、メサイアだけは例外で、相棒を助けに駆け付けることを許されている。メサイアは戸籍もなく、法律上はこの世に存在しないサクラの唯一の絆だった。

 圧倒的世界観で描き出す長編スパイ小説。(講談社 760円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小手伸也さん不倫騒動 マレーシアまで取材する必要ある?

  2. 2

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  3. 3

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  4. 4

    木下優樹菜は“恫喝DM”で窮地に…芸能人にSNSは“諸刃の刃”

  5. 5

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  6. 6

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  7. 7

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  8. 8

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  9. 9

    日韓“オトモダチ”会談 安倍首相と李洛淵氏それぞれの思惑

  10. 10

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る