「メサイア 警備局特別公安五係」高殿円著

公開日:  更新日:

 超軍縮会議によって各国の軍隊は人口の0・1%に縮小。大量破壊兵器の開発生産も禁止され、戦争は諜報戦へと移行して7年が経った皇暦111年。特秘機関「サクラ」の養成機関で基礎教育を終えた海棠(かいどう)は、上司の一嶋から御津見と引き合わせられる。

 今後、御津見が海棠のメサイアとなるというのだ。通称サクラと呼ばれる警備局特別公安五係は、スパイなど日本に邪魔な人間を事故や自然死を装って始末する殺し屋だった。任務に失敗したサクラは見捨てられるのが掟だが、メサイアだけは例外で、相棒を助けに駆け付けることを許されている。メサイアは戸籍もなく、法律上はこの世に存在しないサクラの唯一の絆だった。

 圧倒的世界観で描き出す長編スパイ小説。(講談社 760円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  2. 2

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  3. 3

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  9. 9

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  10. 10

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

もっと見る