「カテリーナの旅支度」内田洋子著

公開日:  更新日:

 長年イタリアで暮らす著者が、出会った人々の生きざまを描くエッセー集。

 友人のミケーレに誘われ出かけたジェノバの船舶フェアの広大な会場でひときわ大きな声で目立っていた男は、ミケーレの友人でサルデーニャ島出身のマルコだった。昼食を共にしながら聞いた、ミケーレとマルコが出会った経緯や、マルコに誘われミケーレが島を訪ねた折のエピソードがつづられる。

 他にも、友人の紹介で知り合い、ワインを分けてもらっていたパルマ郊外のワイン農家に起きた悲劇と再生の物語や、大手銀行の支店長として輝かしいキャリアと財産を手にする一方で、家族を失った友人のカテリーナの人生など。滋味あふれる文章でイタリアの暮らしと日常をつづる。(集英社 660円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る