「カテリーナの旅支度」内田洋子著

公開日: 更新日:

 長年イタリアで暮らす著者が、出会った人々の生きざまを描くエッセー集。

 友人のミケーレに誘われ出かけたジェノバの船舶フェアの広大な会場でひときわ大きな声で目立っていた男は、ミケーレの友人でサルデーニャ島出身のマルコだった。昼食を共にしながら聞いた、ミケーレとマルコが出会った経緯や、マルコに誘われミケーレが島を訪ねた折のエピソードがつづられる。

 他にも、友人の紹介で知り合い、ワインを分けてもらっていたパルマ郊外のワイン農家に起きた悲劇と再生の物語や、大手銀行の支店長として輝かしいキャリアと財産を手にする一方で、家族を失った友人のカテリーナの人生など。滋味あふれる文章でイタリアの暮らしと日常をつづる。(集英社 660円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  3. 3

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  4. 4

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  5. 5

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  6. 6

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  7. 7

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

  8. 8

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  9. 9

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

  10. 10

    吉村知事がドヤ顔の大阪市「見回り隊」 成果はピント外れ

もっと見る

人気キーワード