「エドウィン・マルハウス」スティーヴン・ミルハウザー著 岸本佐知子訳

公開日:  更新日:

 アメリカ文学史上に残る傑作「まんが」を書いた11歳の小説家「エドウィン・マルハウス」の生涯を、同じ年の隣人で友人のジェフリーが描いた、という体裁で書かれた長編小説。

 2人の出会いは1943年8月9日。僕(ジェフリー)が生後6カ月と3日で、彼は生後8日だった。その出会いの瞬間から彼の観察者になることを決意した僕は、11年間、常に彼に寄り添い、観察を続ける。

 未来の天才作家が遊びを通して言葉に親しんでいくさまや、小学校生活、初めての恋、そして1952年の秋に始まった創作の様子から、死のその日まで。幾重にも仕掛けを張り巡らしながら、子供の世界を子供の視点で描き出す。(河出書房新社 1500円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  5. 5

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  6. 6

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  7. 7

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  8. 8

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  9. 9

    「外交の安倍」どころか疫病神 日露、日韓、日米の無残

  10. 10

    「3年A組」好調キープ 狂気はらむ菅田将暉“演技力の源泉”

もっと見る