「ショットガン・ロード」深町秋生著

公開日: 更新日:

 汐見凌はかつて仲間だった永田肇の山荘に侵入し、永田をショットガンで殺害した。彼は5年前までフリーの殺し屋集団・忍足チームの一員だった。永田もそのメンバーだったのだ。忍足隼雄の後継者とみられていた汐見がチームから抜け、漁師として生活していたころ、暴力団巽会のナンバー2が死んだ。

 警察は自殺と判断したが、それを忍足の仕業とみた巽会が汐見に忍足チームへの報復を依頼した。残るメンバーはあと5人。だが、ターゲットとなった忍足は、永田が約束の時刻に合流しなかったことから、汐見に殺(や)られたことを察知していた。

 闇の世界で疾走する男たちを描くハードボイルド長編。(朝日新聞出版 1800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    障害者職員へ責任転嫁…桜名簿破棄の安倍答弁に批判殺到

  2. 2

    夫は人気漫画家でも格差婚?壇蜜の知られざる超堅実ライフ

  3. 3

    オエップ、気持ち悪いな。萩生田氏を支える安倍首相との仲

  4. 4

    イチローにすげなく断られ「嵐」に国民栄誉賞を授与の動き

  5. 5

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  6. 6

    加計問題の“守護神”柳瀬氏 今度はJBICに悠々自適の天下り

  7. 7

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  8. 8

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

  9. 9

    原監督が再び明言…来季こそ「岡本三塁」で辛抱できるか

  10. 10

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る