「晩秋の陰画」山本一力著

公開日: 更新日:

 ある日、高倉俊介のもとに見知らぬ女性から宅配便が届いた。それは納骨が終わったばかりの叔父・尚平の日記だった。叔父は30代で独立してデザイナーとして成功し、一人暮らしを謳歌していた。父が急死した後、叔父は俊介に事務所を譲って57歳で引退し、大型バイクで気ままな旅を楽しんでいた。だが、半年もたたぬうちに交通事故で死亡したのだった。日記には思いもよらぬことが書かれていた。叔父は親友・小柳の恋人に手を出してしまい、小柳に尾行されていると。ところが、俊介が小柳から聞いた話は日記の記述と違っていた。(表題作)

 心の奥底に潜む思いを描く現代ミステリー4編。(祥伝社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  3. 3

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  4. 4

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  7. 7

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  8. 8

    他の芸能人と何が違う?東出昌大の不倫を批判する大衆心理

  9. 9

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  10. 10

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る