北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「終わりなき道」ジョン・ハート著 東野さやか訳

公開日:  更新日:

 すべてが傑作、という作家はめったにいない。どんなに素晴らしい作家でも、やややと思う作品があったりする。ところが中には例外もあって、それが今回紹介するジョン・ハート。これまで翻訳された「キングの死」「川は静かに流れ」「ラスト・チャイルド」「アイアン・ハウス」の4作すべてが傑作だからすごい。とんでもない作家である。この4作に共通するのは、すべてが秀逸なミステリーであることと、胸に残る家族小説であることだ。ミステリーと家族小説がお好きな方はぜひチェックされたい。

 今度の「終わりなき道」も、これまでのジョン・ハートの諸作と同様に、ミステリーであると同時に家族小説だ。ホントにうまい。

 主人公は刑事のエリザベス。少女監禁犯を拷問の果てに射殺したとして、州警察の調査の対象になっている。「拷問の果てに射殺」とは何なのか。それがどういう状況であったのか。それは読者になかなか明かされない。エリザベスが語ろうとしないからだ。

 もうひとつは、エリザベスの元同僚エイドリアン。彼はある女性を殺した罪で服役していたのだが、何も語らず釈放されたあとも寡黙なまま。この2人の過去が、ゆっくりと静かに立ち上ってくる。どうしてこれが家族小説であるのかは、ストーリーに絡むことなのでここに書けない。とてもすてきなラストまで一気読みの傑作であると書くにとどめておく。未読の方は前4作も続けて読まれたい。(早川書房 2100円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る