北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「光炎の人」(上・下) 木内昇著

公開日:

 木内昇は2011年、「漂砂のうたう」で直木賞を受賞した作家だが、今回の舞台は明治。徳島の葉タバコ農家に生まれた音三郎の波乱に満ちた半生を描く長編である。音三郎は大阪に出て、東京に移り、最後は満州に渡っていく。

 少年の頃から機械に興味を持ち、どうやって動くのか、その仕組みに胸を躍らせる音三郎はやがて電気に関心を抱き、無線機開発に取り組んでいく。

「巷で売られている電球やソケットは、未だ輸入品が主であった。明治20年代に東京の三吉電機工場が口金を作って日本初の電球が誕生したものの、出来は異国製品に遠く及ばなかった」という時代であるから、音三郎の苦労は並大抵ではない。

 さらに、シベリア出兵、日中戦争に突き進んでいく時代であるから、製品開発が政治的に利用されかねない恐れもある。音三郎は純粋に、誰よりも先に、一番、優れたものを生み出したいと思っているだけなのだが、時代の変化がそれを許さないということだ。下巻の真ん中あたりに、技術者は、「自分が作り上げたその製品なり施設が、世界中で活用され、時代を超えて残ることを人知れず祈り続ける生き物なのだ」というくだりが出てくる。

 音三郎を真ん中に置き、個性豊かな脇役たちを周囲に配し、そういう技術者の誇りと、しかし、時代に翻弄される悲劇と時代のうねりを、この長編は鮮やかに描いている。(KADOKAWA 各1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る