「沖縄 若夏の記憶」大石芳野著

公開日: 更新日:

 復帰直後から沖縄の島々を訪ね歩いてきた著者によるフォトエッセー。

 1972年、胸をときめかせ降り立った沖縄は、復帰前に何とか沖縄に行けないかと模索する中で訪ねた与論島や台湾と何から何までよく似ていた。

 その類似点や相違点を見つけながら沖縄に通ううちに、ウチナーンチュ(沖縄の人々)が、広くアジアの人々に溶け込んで生きてきたことを強く実感したという。肌で感じた彼らの懐の深さと優しさの源にある、その歴史に思いをはせる。

 一方で、伝統の織物「宮古上布」に新しい息吹を送り込んだ女性や、普天間基地に隣接する土地に反戦画を展示する美術館を建てた男性ら、沖縄で暮らす人々の日常や島の豊かな自然をエッセーと写真で伝える。(岩波書店 1220円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  3. 3

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  4. 4

    木村花さん死去の悲劇…視聴者はフィクションへの認識欠如

  5. 5

    同志社女子大・影山貴彦氏 エンタメは不要不急でも不可欠

  6. 6

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  7. 7

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  8. 8

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  9. 9

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

  10. 10

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

もっと見る