「沖縄 若夏の記憶」大石芳野著

公開日:

 復帰直後から沖縄の島々を訪ね歩いてきた著者によるフォトエッセー。

 1972年、胸をときめかせ降り立った沖縄は、復帰前に何とか沖縄に行けないかと模索する中で訪ねた与論島や台湾と何から何までよく似ていた。

 その類似点や相違点を見つけながら沖縄に通ううちに、ウチナーンチュ(沖縄の人々)が、広くアジアの人々に溶け込んで生きてきたことを強く実感したという。肌で感じた彼らの懐の深さと優しさの源にある、その歴史に思いをはせる。

 一方で、伝統の織物「宮古上布」に新しい息吹を送り込んだ女性や、普天間基地に隣接する土地に反戦画を展示する美術館を建てた男性ら、沖縄で暮らす人々の日常や島の豊かな自然をエッセーと写真で伝える。(岩波書店 1220円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る