「沖縄 若夏の記憶」大石芳野著

公開日: 更新日:

 復帰直後から沖縄の島々を訪ね歩いてきた著者によるフォトエッセー。

 1972年、胸をときめかせ降り立った沖縄は、復帰前に何とか沖縄に行けないかと模索する中で訪ねた与論島や台湾と何から何までよく似ていた。

 その類似点や相違点を見つけながら沖縄に通ううちに、ウチナーンチュ(沖縄の人々)が、広くアジアの人々に溶け込んで生きてきたことを強く実感したという。肌で感じた彼らの懐の深さと優しさの源にある、その歴史に思いをはせる。

 一方で、伝統の織物「宮古上布」に新しい息吹を送り込んだ女性や、普天間基地に隣接する土地に反戦画を展示する美術館を建てた男性ら、沖縄で暮らす人々の日常や島の豊かな自然をエッセーと写真で伝える。(岩波書店 1220円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  3. 3

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  4. 4

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  5. 5

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  6. 6

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  7. 7

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

  8. 8

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  9. 9

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  10. 10

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

もっと見る