日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「i」西加奈子著

 アイはシリアで生まれ、生後間もなく父が米国人で母が日本人の夫婦の養子となり、小学6年生までニューヨークで育ち、その後日本へ移る。両親は共にリベラルで、アイが彼らとは血がつながっていないことを早くから教えていた。家は裕福で両親の深い愛情に包まれていたが、アイは幼い頃からこの恵まれた環境に感謝するより苦しみを覚えていた。世界には不幸な人間がたくさんいるのに、なぜ自分だけこんなに恵まれているのかと。

 確固たるアイデンティティーを持ち得ないことに不安を覚えていたアイは、高校の数学の授業で教師が発した「この世界にアイは存在しません」という言葉に衝撃を受ける。虚数iの説明だったのだが、自分の居場所のなさを突きつけられたと思い、以来、この言葉は彼女の胸の中に居座り続ける。あるシリア難民の子どもの写真を見るまでは……。

 世界の苦しみという抱えきれない重さを幼い頃から背負ってしまったアイは、もがきながらも最後にある地点へたどり着く。そこへ至る凄絶な過程には、誰しも心を揺さぶられるに違いない。(ポプラ社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事