「i」西加奈子著

公開日:  更新日:

 アイはシリアで生まれ、生後間もなく父が米国人で母が日本人の夫婦の養子となり、小学6年生までニューヨークで育ち、その後日本へ移る。両親は共にリベラルで、アイが彼らとは血がつながっていないことを早くから教えていた。家は裕福で両親の深い愛情に包まれていたが、アイは幼い頃からこの恵まれた環境に感謝するより苦しみを覚えていた。世界には不幸な人間がたくさんいるのに、なぜ自分だけこんなに恵まれているのかと。

 確固たるアイデンティティーを持ち得ないことに不安を覚えていたアイは、高校の数学の授業で教師が発した「この世界にアイは存在しません」という言葉に衝撃を受ける。虚数iの説明だったのだが、自分の居場所のなさを突きつけられたと思い、以来、この言葉は彼女の胸の中に居座り続ける。あるシリア難民の子どもの写真を見るまでは……。

 世界の苦しみという抱えきれない重さを幼い頃から背負ってしまったアイは、もがきながらも最後にある地点へたどり着く。そこへ至る凄絶な過程には、誰しも心を揺さぶられるに違いない。(ポプラ社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る