「がん消滅の罠完全寛解の謎」岩木一麻著

公開日:

 余命半年の宣告を受けた末期がん患者の病巣が、リビングニーズ特約の生前給付金を受け取った後にきれいに消えてなくなる――。

 統計的に考えれば奇跡としかいえないそんな案件が立て続けに4例も起きた。疑問を覚えた生命保険会社は、日本がんセンター呼吸器内科の医師・夏目典明に助言を求める。治療の過程に不自然さもなく、保険加入に関しても不正加入の形跡は見つからない。果たして、その真相とは……。

 本作は、第15回「このミステリーがすごい!」大賞を受賞した話題の医療ミステリー。最新の抗がん剤事情やオーダーメード医療、新薬の臨床試験、免疫療法など、医学的知見を盛り込みながら、不可解ながん消滅の謎が明かされる筋立ては圧巻。富裕層や官僚といった社会的影響力の大きい人々に高度医療を提供する病院の存在や、障害のある子供を抱えた母子家庭の母親のがんなど、がん治療の現場と患者たちの状況も描かれ、さまざまな伏線がひとつの真相へと収束していく。

 最後の一文まで仕掛けがあるのもお楽しみだ。巻末には今回の大賞審査にあたった選考委員の選評も収録されている。(宝島社 1380円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  10. 10

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

もっと見る