「よりみち酒場 灯火亭」石川渓月著

公開日:  更新日:

 広告代理店に入社して7年、がむしゃらに働いてきた亜海は、プロジェクトマネジャーを任されるまでになった。しかし、接待の席でクライアントの誘いを断った亜海は、逆恨みされ、謹慎処分を受けてしまう。おまけに恋人にも振られ、人生のどん底に突き落とされた亜海は、ある夜、居酒屋「灯火亭」の暖簾をくぐる。カウンターに立つ店主のユウは装いも言葉遣いも女性だが、声は明らかに男性だった。

 黒糖焼酎のお湯割りを頼んだ亜海に、ユウは故郷奄美の定番料理「豚の角煮」をそっと出してくれる。常連らによると、ユウの角煮を食べられるのは運がいいらしい。(「故郷の味」)

 灯火亭の料理と酒が、人生に迷った人々を癒やす連作人情小説。

(光文社 680円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  7. 7

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  8. 8

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  9. 9

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

  10. 10

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

もっと見る