「よりみち酒場 灯火亭」石川渓月著

公開日: 更新日:

 広告代理店に入社して7年、がむしゃらに働いてきた亜海は、プロジェクトマネジャーを任されるまでになった。しかし、接待の席でクライアントの誘いを断った亜海は、逆恨みされ、謹慎処分を受けてしまう。おまけに恋人にも振られ、人生のどん底に突き落とされた亜海は、ある夜、居酒屋「灯火亭」の暖簾をくぐる。カウンターに立つ店主のユウは装いも言葉遣いも女性だが、声は明らかに男性だった。

 黒糖焼酎のお湯割りを頼んだ亜海に、ユウは故郷奄美の定番料理「豚の角煮」をそっと出してくれる。常連らによると、ユウの角煮を食べられるのは運がいいらしい。(「故郷の味」)

 灯火亭の料理と酒が、人生に迷った人々を癒やす連作人情小説。

(光文社 680円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  2. 2

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  3. 3

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  4. 4

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  5. 5

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  6. 6

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  7. 7

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  8. 8

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  9. 9

    「ナギサさん」大森南朋が可愛すぎる家政夫にハマったワケ

  10. 10

    お笑い界は第7世代でスッタモンダ 足切り100組が路頭迷う

もっと見る