「罠に落ちろ」藤田宜永著

公開日:  更新日:

 探偵の影乃はジャズシンガーの谷内恵理に頼まれて、蔵主グループの会長、蔵主喜一郎の家に窃盗に入ろうとしていた恵理の父親を止めようとしたが、父親は殺されていた。影乃が蔵主邸に向かうと、そこには同業の探偵、唐渡美知子がいた。美知子は喜一郎の行方不明の長男、清太郎を捜すように依頼されていたのだ。邸内に忍び込んでいた窃盗グループのボスはピストルで自殺したが、どうやらこの窃盗事件は仕組まれたものらしい。影乃は相棒の雪永とともに、蔵主家の家庭内トラブルや経営陣の内紛に巻き込まれていく。

 80年代の東京を舞台に、「影の探偵」コンビが復活するハードボイルド・ミステリー。

(徳間書店 1900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る