• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「罠に落ちろ」藤田宜永著

 探偵の影乃はジャズシンガーの谷内恵理に頼まれて、蔵主グループの会長、蔵主喜一郎の家に窃盗に入ろうとしていた恵理の父親を止めようとしたが、父親は殺されていた。影乃が蔵主邸に向かうと、そこには同業の探偵、唐渡美知子がいた。美知子は喜一郎の行方不明の長男、清太郎を捜すように依頼されていたのだ。邸内に忍び込んでいた窃盗グループのボスはピストルで自殺したが、どうやらこの窃盗事件は仕組まれたものらしい。影乃は相棒の雪永とともに、蔵主家の家庭内トラブルや経営陣の内紛に巻き込まれていく。

 80年代の東京を舞台に、「影の探偵」コンビが復活するハードボイルド・ミステリー。

(徳間書店 1900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  6. 6

    梨田監督ついに決断…楽天・松井は二軍落ちが大正解の理由

  7. 7

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  8. 8

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  9. 9

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  10. 10

    織田裕二のひと言で消えた「東京ラブストーリー」続編計画

もっと見る