「ヒトの遺伝子改変はどこまで許されるのか ゲノム編集の光と影」石井哲也著

公開日:

 人は生命の設計図であるDNAを改変する技術を手にした。「ゲノム編集」の技術である。とくに「クリスパー・キャス9」の登場により、安価で手軽にDNAにメスを入れられるようになった。生命倫理学の専門家である著者は、タイトルにある通り、そのことに疑問と恐れを持ちつつ、これから人類が直面するであろう、「家庭」「人」「治療」などのあり方について課題を投げかけている。

 遺伝子治療は最終的に代謝される薬と違って何度も服用する必要はなく、一度の遺伝子導入で完治を目指す。そのぶんだけ、間違えたときの悪影響は恐ろしい。これからの医療を考える上で読むべき一冊だ。(イースト・プレス 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  10. 10

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

もっと見る