• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ヒトの遺伝子改変はどこまで許されるのか ゲノム編集の光と影」石井哲也著

 人は生命の設計図であるDNAを改変する技術を手にした。「ゲノム編集」の技術である。とくに「クリスパー・キャス9」の登場により、安価で手軽にDNAにメスを入れられるようになった。生命倫理学の専門家である著者は、タイトルにある通り、そのことに疑問と恐れを持ちつつ、これから人類が直面するであろう、「家庭」「人」「治療」などのあり方について課題を投げかけている。

 遺伝子治療は最終的に代謝される薬と違って何度も服用する必要はなく、一度の遺伝子導入で完治を目指す。そのぶんだけ、間違えたときの悪影響は恐ろしい。これからの医療を考える上で読むべき一冊だ。(イースト・プレス 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  2. 2

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」好視聴率で健闘のワケ

  3. 3

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  4. 4

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  5. 5

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    テレ東「ラストチャンス」原作者 江上剛氏が見どころ語る

  8. 8

    歌手・女優の坂本スミ子さん パルムドール表彰式の思い出

  9. 9

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  10. 10

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

もっと見る