「はたらく動物と」文と絵/金井真紀

公開日: 更新日:

〈「ふーん。わしの話を聞いて、本にするのけ。わしは本は読まん。ぜんぶ鵜から学んどるで。本を書く人間や学者先生なんてもんは、たわけじゃ思うとる」

「自然のことも知らねえで、パソコンなんか使っとるもんはたわけじゃろ」

 攻撃的でも批判的でもなく、挨拶がわりの頑固爺のサービスのような口ぶりで、なんだか、いきなりおもしろい〉

 これは岐阜の鵜匠・山下純司さん(77歳)に取材したときの話。鵜飼いの鵜の寿命は25年くらいだそうで、若いときは片足で立ち、年を取ると両足で立つようになり、最後は立てなくなってしゃがみこみ、それから1週間で死ぬ。これが鵜に教わった最高の死に方だと。

 ほかに、モンキードッグ、耕す馬、盲導犬、パリのニワトリなどの働く動物から、生き方のヒントを学ぶ旅の記録。(ころから 1380円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  2. 2

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  3. 3

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  4. 4

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  5. 5

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  6. 6

    枯れるには全然早い…70歳から人生を楽しく過ごせる理由

  7. 7

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  8. 8

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

  9. 9

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  10. 10

    「一人暮らしでいい」7割超…孤独を楽しめない人の克服法

もっと見る