「はたらく動物と」文と絵/金井真紀

公開日: 更新日:

〈「ふーん。わしの話を聞いて、本にするのけ。わしは本は読まん。ぜんぶ鵜から学んどるで。本を書く人間や学者先生なんてもんは、たわけじゃ思うとる」

「自然のことも知らねえで、パソコンなんか使っとるもんはたわけじゃろ」

 攻撃的でも批判的でもなく、挨拶がわりの頑固爺のサービスのような口ぶりで、なんだか、いきなりおもしろい〉

 これは岐阜の鵜匠・山下純司さん(77歳)に取材したときの話。鵜飼いの鵜の寿命は25年くらいだそうで、若いときは片足で立ち、年を取ると両足で立つようになり、最後は立てなくなってしゃがみこみ、それから1週間で死ぬ。これが鵜に教わった最高の死に方だと。

 ほかに、モンキードッグ、耕す馬、盲導犬、パリのニワトリなどの働く動物から、生き方のヒントを学ぶ旅の記録。(ころから 1380円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  3. 3

    青木理氏「無知」と「無恥」に蝕まれる憲政史上最愚の政権

  4. 4

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  5. 5

    再雇用中の64歳 大病などがなかったのに退職金が漸減した

  6. 6

    丸投げの安倍政権 新型コロナ基本方針は“国は何もしない”

  7. 7

    中居正広を支える華麗なる人脈 “ぼっち独立”も明るい未来

  8. 8

    愛知県の老舗旅館が廃業 新型コロナ「倒産ラッシュ」の足音

  9. 9

    デンマークなぜキャッシュレス大国に 在日大使館に聞いた

  10. 10

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る