「はたらく動物と」文と絵/金井真紀

公開日:

〈「ふーん。わしの話を聞いて、本にするのけ。わしは本は読まん。ぜんぶ鵜から学んどるで。本を書く人間や学者先生なんてもんは、たわけじゃ思うとる」

「自然のことも知らねえで、パソコンなんか使っとるもんはたわけじゃろ」

 攻撃的でも批判的でもなく、挨拶がわりの頑固爺のサービスのような口ぶりで、なんだか、いきなりおもしろい〉

 これは岐阜の鵜匠・山下純司さん(77歳)に取材したときの話。鵜飼いの鵜の寿命は25年くらいだそうで、若いときは片足で立ち、年を取ると両足で立つようになり、最後は立てなくなってしゃがみこみ、それから1週間で死ぬ。これが鵜に教わった最高の死に方だと。

 ほかに、モンキードッグ、耕す馬、盲導犬、パリのニワトリなどの働く動物から、生き方のヒントを学ぶ旅の記録。(ころから 1380円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  2. 2

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  3. 3

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  4. 4

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  5. 5

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  6. 6

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  7. 7

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  8. 8

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  9. 9

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  10. 10

    太郎ちゃんが「恥を知れ!」と叫んだ入管法改正は嘘ばかり

もっと見る