• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「山口組分裂抗争の全内幕」西岡研介ほか著

 2015年8月、日本最大の指定暴力団・山口組が分裂。司忍組長による6代目山口組体制は10年で崩壊した。山口組を離脱して、新組織「神戸山口組」を立ち上げたのは、組の中枢で組織運営に関わってきた直参組長たちだった。本書は、分裂直後から両組織の幹部を取材。分裂の背景と、リアルタイムで進行していく暗闘と衝突を追ったルポルタージュ。

 05年7月、6代目に就任した司組長は、直参93人との「盃直し」を行った。盃はヤクザ社会の原理原則。離脱組によると、盃を渡して逆らえないようにしてからすぐに粛清が始まったという。組織改革の大義を掲げる神戸山口組と、彼らを謀反と切り捨てる6代目山口組。その抗争の真相を追う。(宝島社 700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  3. 3

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  6. 6

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  7. 7

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  8. 8

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  9. 9

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る