「終りなき夜に生れつく」恩田陸著

公開日: 更新日:

 本年度上期の直木賞を受賞した著者だが、本書は、4年前に直木賞候補となったダークファンタジー「夜の底は柔らかな幻」のスピンオフ短編集。

 冒頭の「砂の嵐」には「夜の底――」の主人公、実邦の友人で女医のみつきとバーのマスター、軍勇司が登場する。アフリカ北部に医療支援ボランティアとして参加したみつきと勇司。彼らがいる村は彼らの故郷「途鎖」と同じく、イロという特殊能力を持つ在色者が多くいる地域だ。この村では不可解な殺人事件が起きていた。共に「在色者」であるみつきと勇司は不穏な空気を感じていたが、ある夜、突然チェスの駒が舞い上がり、天空には少女が浮かんでいた……。

 続く「夜のふたつの貌」「夜間飛行」では、冷徹な入国管理局次長、葛城晃の若き日の姿と、彼が入国管理官になる経緯、最後の表題作は途鎖の山奥にある「フチ」のリーダーで大犯罪者の神山倖秀の前歴が描かれる。

 独立した物語としても楽しめるが、「夜の底―─」と併読すると面白さが増す。(文藝春秋 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  3. 3

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  4. 4

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  5. 5

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  6. 6

    ドラフト目玉 中京大中京・高橋宏斗お受験にプロやきもき

  7. 7

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  8. 8

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  9. 9

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  10. 10

    「球界の小泉純一郎」古田敦也のヤクルト監督復帰はある?

もっと見る