「忍者の兵法 三大秘伝書を読む」中島篤巳著

公開日:

 現存する数十もの忍術伝書の中から、紀州流忍術の秘伝書ともいえる「正忍記」、質量最大の「万川集海」、そして服部半蔵を源にする服部流忍術の術技が記された「忍秘伝」の3書を読み解くテキスト。

 正忍記では、忍びの術を「策謀の指針であり、軍師にとっては軍略の鍵である。進退利害に関することだから、武士たるものは決してこの術をないがしろにしてはならない」と武士が心得ておくべきものであることを強調。つまり、忍者とは非武士の「忍び」と、武士の「忍士」の両方を意味する用語だという。こうした忍者の定義から、忍術の原理やさまざまな忍具、催眠術のような人心掌握術まで、忍術と忍者のすべてが分かる愛好家必読の書。(KADOKAWA 920円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  9. 9

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  10. 10

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

もっと見る