「他流試合-俳句入門真剣勝負!」金子兜太+いとうせいこう著

公開日:

 俳句界の巨人に作家が斬り込む対談集。

 2人はともに今やすっかり世間に定着した「伊藤園新俳句大賞」の審査員でもある。まずは、その第1回大賞作「白菜がまじめに笑って立春です」を取り上げ、新俳句の新しさとはどういうところにあるのかを徹底的に語り合う。金子氏は、白菜という冬の季語に立春を組み合わせた題材の配合、そして「まじめに笑って」と「中七」で詠む題材のとらえ方の独特さがこの句の魅力だと解説。続いて、「白菜」に続く助詞「が」をテーマに、俳句の定石である切れ字「や」や、「の」と入れ替えるとどうなるかなど。受賞作を次々と俎上に載せながら、俳句の技と、日本語の奥深さを語り尽くす。

(講談社 890円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  2. 2

    片山さつき大臣の「カレンダー」無償配布疑惑に決定的証言

  3. 3

    広島・丸取り表明のロッテ 巨人との資金差は絶望的10億円

  4. 4

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  5. 5

    専門家に聞く 日米FTAの行方と暴走するトランプへの対抗策

  6. 6

    弱者蔑視、答弁はぐらかし 安倍内閣の象徴が片山さつき

  7. 7

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  8. 8

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  9. 9

    民営化で料金5倍に? 「水道水」がコーラよりも高くなる日

  10. 10

    マルチ商法「ジャパンライフ」にチラつく安倍政権との関係

もっと見る