• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「他流試合-俳句入門真剣勝負!」金子兜太+いとうせいこう著

 俳句界の巨人に作家が斬り込む対談集。

 2人はともに今やすっかり世間に定着した「伊藤園新俳句大賞」の審査員でもある。まずは、その第1回大賞作「白菜がまじめに笑って立春です」を取り上げ、新俳句の新しさとはどういうところにあるのかを徹底的に語り合う。金子氏は、白菜という冬の季語に立春を組み合わせた題材の配合、そして「まじめに笑って」と「中七」で詠む題材のとらえ方の独特さがこの句の魅力だと解説。続いて、「白菜」に続く助詞「が」をテーマに、俳句の定石である切れ字「や」や、「の」と入れ替えるとどうなるかなど。受賞作を次々と俎上に載せながら、俳句の技と、日本語の奥深さを語り尽くす。

(講談社 890円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る