• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「『薬のやめ方』事典 病気の起こり方、治し方」浜六郎著

「薬は一度飲み始めたらやめられないから使いたくない」「薬をやめたいが、いつやめればいいのかわからない」

 そんな悩みを抱える人に向けて書かれた一冊。著者は薬害研究の第一人者。科学的根拠にこだわり、徹底追及して良否の結論を出したという。

 その結果、なんだ当たり前ではないか、と思うことも書かれているが、それが現在の医学の実態であることを教えてくれる。

 この本では最初に病気がどのようにして起こるのか、それによってヒトの体はどのようにダメージを受けて回復していくかを解説している。ヒトが本来持つ修復力・自然治癒力を引き出す方法がわかれば薬に頼らない生活ができるというわけだ。むやみに薬を使わない、どうしても使うとしたらどの薬がいいかも紹介している。これから薬を飲もうとしている人にも、薬とは何かを考えさせてくれるはずだ。(三五館 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  2. 2

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  3. 3

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  4. 4

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  5. 5

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  6. 6

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  7. 7

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    もう不毛な忖度は不要に プロOBの野球評論に新たな道が

  10. 10

    強がっても負け惜しみ 安倍政権レームダック化の急加速

もっと見る