「カレーライス進化論」水野仁輔著

公開日:

 カレーは、歌舞伎やアニメにも引けを取らない日本が世界に誇る食文化だと著者はいう。日本人が自覚していない日本のカレーの知られざる魅力を紹介するカレー本。

 10年前にニューヨークに進出し、当地でカツカレーを流行させたゴーゴーカレーは、全米1000店舗を目指す。

 国内最大のチェーン店「ココイチ」は、イギリスを経て日本に伝わったカレーの歴史をさかのぼり、ロンドン出店を計画。最終目的地をインドに定める。

 そんな各社の海外進出の戦略から、日本のカレーが独自に進化してきた歴史まで詳述。さらに1皿1万4400円の超高級カレーのことや、なぜ玉ねぎをあめ色になるまで炒めるのかという日本のオリジナルカレーテクニックまで、豊富な話題で奥深いカレーの世界を案内。(イースト・プレス 840円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る