• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「カレーライス進化論」水野仁輔著

 カレーは、歌舞伎やアニメにも引けを取らない日本が世界に誇る食文化だと著者はいう。日本人が自覚していない日本のカレーの知られざる魅力を紹介するカレー本。

 10年前にニューヨークに進出し、当地でカツカレーを流行させたゴーゴーカレーは、全米1000店舗を目指す。

 国内最大のチェーン店「ココイチ」は、イギリスを経て日本に伝わったカレーの歴史をさかのぼり、ロンドン出店を計画。最終目的地をインドに定める。

 そんな各社の海外進出の戦略から、日本のカレーが独自に進化してきた歴史まで詳述。さらに1皿1万4400円の超高級カレーのことや、なぜ玉ねぎをあめ色になるまで炒めるのかという日本のオリジナルカレーテクニックまで、豊富な話題で奥深いカレーの世界を案内。(イースト・プレス 840円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  8. 8

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

もっと見る