「カレーライス進化論」水野仁輔著

公開日: 更新日:

 カレーは、歌舞伎やアニメにも引けを取らない日本が世界に誇る食文化だと著者はいう。日本人が自覚していない日本のカレーの知られざる魅力を紹介するカレー本。

 10年前にニューヨークに進出し、当地でカツカレーを流行させたゴーゴーカレーは、全米1000店舗を目指す。

 国内最大のチェーン店「ココイチ」は、イギリスを経て日本に伝わったカレーの歴史をさかのぼり、ロンドン出店を計画。最終目的地をインドに定める。

 そんな各社の海外進出の戦略から、日本のカレーが独自に進化してきた歴史まで詳述。さらに1皿1万4400円の超高級カレーのことや、なぜ玉ねぎをあめ色になるまで炒めるのかという日本のオリジナルカレーテクニックまで、豊富な話題で奥深いカレーの世界を案内。(イースト・プレス 840円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  5. 5

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  6. 6

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  7. 7

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  10. 10

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

もっと見る