「カレーライス進化論」水野仁輔著

公開日: 更新日:

 カレーは、歌舞伎やアニメにも引けを取らない日本が世界に誇る食文化だと著者はいう。日本人が自覚していない日本のカレーの知られざる魅力を紹介するカレー本。

 10年前にニューヨークに進出し、当地でカツカレーを流行させたゴーゴーカレーは、全米1000店舗を目指す。

 国内最大のチェーン店「ココイチ」は、イギリスを経て日本に伝わったカレーの歴史をさかのぼり、ロンドン出店を計画。最終目的地をインドに定める。

 そんな各社の海外進出の戦略から、日本のカレーが独自に進化してきた歴史まで詳述。さらに1皿1万4400円の超高級カレーのことや、なぜ玉ねぎをあめ色になるまで炒めるのかという日本のオリジナルカレーテクニックまで、豊富な話題で奥深いカレーの世界を案内。(イースト・プレス 840円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  2. 2

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  3. 3

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  4. 4

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

  5. 5

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  6. 6

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  7. 7

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  8. 8

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  9. 9

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  10. 10

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

もっと見る