「カレーライス進化論」水野仁輔著

公開日: 更新日:

 カレーは、歌舞伎やアニメにも引けを取らない日本が世界に誇る食文化だと著者はいう。日本人が自覚していない日本のカレーの知られざる魅力を紹介するカレー本。

 10年前にニューヨークに進出し、当地でカツカレーを流行させたゴーゴーカレーは、全米1000店舗を目指す。

 国内最大のチェーン店「ココイチ」は、イギリスを経て日本に伝わったカレーの歴史をさかのぼり、ロンドン出店を計画。最終目的地をインドに定める。

 そんな各社の海外進出の戦略から、日本のカレーが独自に進化してきた歴史まで詳述。さらに1皿1万4400円の超高級カレーのことや、なぜ玉ねぎをあめ色になるまで炒めるのかという日本のオリジナルカレーテクニックまで、豊富な話題で奥深いカレーの世界を案内。(イースト・プレス 840円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「一軒家」逆転で…「イッテQ!」に意外なリストラ候補が

  2. 2

    磯野貴理子は女神か都合のいい女か…男女問題研究家の見解

  3. 3

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  4. 4

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  5. 5

    沢尻エリカ復調の兆し 再結成「沢尻会」の意外な顔ぶれ

  6. 6

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  7. 7

    国会議員らの毛髪検査で…発がん性「農薬」検出7割の驚愕

  8. 8

    芸能界ファミリー新派閥「瑛太会」を悩ます“ボス”の酒癖

  9. 9

    米中貿易戦争の加熱で古紙不足 石油危機パニックの再来か

  10. 10

    “バルサ化”神戸の大低迷 元凶は「やはり三木谷会長」の声

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る