「夜に生きる(上・下)」デニス・ルヘイン著加賀山卓朗訳

公開日:  更新日:

 1926年のボストン、ギャングのボス・ヒッキーの手下として働く20歳のジョーは、もぐりの酒場兼カジノに強盗に入る。そこは、ヒッキーの情報とは異なり、敵対するギャングのボス・アルバートが営む店だった。冷静を装い、金を奪ったジョーだが、そこで出会ったエマが忘れられない。数日後、街角でエマを見かけたジョーは、尾行して声をかける。エマはアルバートの愛人だった。やがて2人はアルバートの目を盗み、デートを重ねるようになる。 しかし、ヒッキーがアルバートに殺され、町にいられなくなったジョーは最後に銀行強盗を決行。エマと町を出ようとするが……。

 禁酒法時代に暗躍するギャングたちを描いた長編歴史クライム小説。(早川書房 各740円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る