「夜に生きる(上・下)」デニス・ルヘイン著加賀山卓朗訳

公開日: 更新日:

 1926年のボストン、ギャングのボス・ヒッキーの手下として働く20歳のジョーは、もぐりの酒場兼カジノに強盗に入る。そこは、ヒッキーの情報とは異なり、敵対するギャングのボス・アルバートが営む店だった。冷静を装い、金を奪ったジョーだが、そこで出会ったエマが忘れられない。数日後、街角でエマを見かけたジョーは、尾行して声をかける。エマはアルバートの愛人だった。やがて2人はアルバートの目を盗み、デートを重ねるようになる。 しかし、ヒッキーがアルバートに殺され、町にいられなくなったジョーは最後に銀行強盗を決行。エマと町を出ようとするが……。

 禁酒法時代に暗躍するギャングたちを描いた長編歴史クライム小説。(早川書房 各740円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    自民が9月入学で造反 党内に漂う“裸の王様”安倍離れの空気

  4. 4

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  5. 5

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  6. 6

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  7. 7

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  8. 8

    安倍政権がなにかやるとき…良い子のみんなはわかってる!

  9. 9

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

  10. 10

    木村花さんの死を招きついに打ち切り…「テラハ」の罪と罰

もっと見る