「夜に生きる(上・下)」デニス・ルヘイン著加賀山卓朗訳

公開日:  更新日:

 1926年のボストン、ギャングのボス・ヒッキーの手下として働く20歳のジョーは、もぐりの酒場兼カジノに強盗に入る。そこは、ヒッキーの情報とは異なり、敵対するギャングのボス・アルバートが営む店だった。冷静を装い、金を奪ったジョーだが、そこで出会ったエマが忘れられない。数日後、街角でエマを見かけたジョーは、尾行して声をかける。エマはアルバートの愛人だった。やがて2人はアルバートの目を盗み、デートを重ねるようになる。 しかし、ヒッキーがアルバートに殺され、町にいられなくなったジョーは最後に銀行強盗を決行。エマと町を出ようとするが……。

 禁酒法時代に暗躍するギャングたちを描いた長編歴史クライム小説。(早川書房 各740円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る