「カラダの知恵 細胞たちのコミュニケーション」三村芳和著

公開日: 更新日:

 地球上では、73億人が6000近い言語を操って生活している。同じように人間のカラダの中には200種類以上の細胞が37兆個集まり、密なコミュニケーションをとることでカラダを維持し、頭を働かせている。本書はその情報伝達をわかりやすく解説した一冊だ。

 興味深いのは著者が研修医時代に遭遇した末期がん患者の劇的変化。ただのビタミンを新薬と思い込むことで、がん症状が一変したという。いわゆるプラセボ(偽薬)効果だが、2004年の「英国医学会会報」によるとイスラエルでは医師の60%はプラセボを処方し、処方した94%の医師が臨床的なプラセボ効果を信じていたそうだ。

 免疫細胞が暗示にかかり、気持ちが遺伝子を動かす。人間のカラダに潜む知恵と不思議が紹介されている。(中公新書 880円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  2. 2

    増える芸能人の政治的発言 背景に“CM依存体質”からの脱却

  3. 3

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  4. 4

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  5. 5

    安倍首相がG7で批判逃れ 帰国後に隔離生活で“雲隠れ”画策

  6. 6

    木村花さん死去「テラハ」敏腕プロデューサーM女史の評判

  7. 7

    コロナ禍で暴力団のシノギも壊滅 上層部が今叫ぶべきは?

  8. 8

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  9. 9

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  10. 10

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

もっと見る