「カラダの知恵 細胞たちのコミュニケーション」三村芳和著

公開日:

 地球上では、73億人が6000近い言語を操って生活している。同じように人間のカラダの中には200種類以上の細胞が37兆個集まり、密なコミュニケーションをとることでカラダを維持し、頭を働かせている。本書はその情報伝達をわかりやすく解説した一冊だ。

 興味深いのは著者が研修医時代に遭遇した末期がん患者の劇的変化。ただのビタミンを新薬と思い込むことで、がん症状が一変したという。いわゆるプラセボ(偽薬)効果だが、2004年の「英国医学会会報」によるとイスラエルでは医師の60%はプラセボを処方し、処方した94%の医師が臨床的なプラセボ効果を信じていたそうだ。

 免疫細胞が暗示にかかり、気持ちが遺伝子を動かす。人間のカラダに潜む知恵と不思議が紹介されている。(中公新書 880円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  5. 5

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  6. 6

    試行錯誤を経てたどり着いた「バントは時間稼ぎ」の極意

  7. 7

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  8. 8

    売り出し価格1500円 ソフトバンク株は買いか専門家に聞く

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    移民法、水道民営化…2つの悪法に共通する“竹中平蔵利権”

もっと見る