「カラダの知恵 細胞たちのコミュニケーション」三村芳和著

公開日: 更新日:

 地球上では、73億人が6000近い言語を操って生活している。同じように人間のカラダの中には200種類以上の細胞が37兆個集まり、密なコミュニケーションをとることでカラダを維持し、頭を働かせている。本書はその情報伝達をわかりやすく解説した一冊だ。

 興味深いのは著者が研修医時代に遭遇した末期がん患者の劇的変化。ただのビタミンを新薬と思い込むことで、がん症状が一変したという。いわゆるプラセボ(偽薬)効果だが、2004年の「英国医学会会報」によるとイスラエルでは医師の60%はプラセボを処方し、処方した94%の医師が臨床的なプラセボ効果を信じていたそうだ。

 免疫細胞が暗示にかかり、気持ちが遺伝子を動かす。人間のカラダに潜む知恵と不思議が紹介されている。(中公新書 880円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    2018年はTV出演たった4本…ゆるキャラ「ふなっしー」は今

  3. 3

    18年入社組でピカイチ TBS宇賀神メグアナの意外な特技

  4. 4

    官邸の暗躍と官僚の忖度…諸悪の起点は2015年になぜ集中

  5. 5

    フジ「QUEEN」は苦戦中 竹内結子に課せられた“ウラの使命”

  6. 6

    生存者を無視 拉致被害者家族も見限る安倍首相の“二枚舌”

  7. 7

    フジ反町理アナは“質問係のおじさん” MCよりご意見番向き

  8. 8

    米倉涼子「シカゴ」で夏不在でも "視聴率女王"安泰のワケ

  9. 9

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  10. 10

    最高月収1200万円…オネエタレントの山咲トオルさんは今

もっと見る