• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ロック、そして銃弾」浅暮三文著

 元刑事の音場は、かつての上司・土橋から神戸で警官を殺し、銃を奪って逃走中の元赤軍・小坂の行方を突き止めるよう依頼される。公安に捜査を任せておけない兵庫県警の野崎が旧知の土橋を頼ってきたらしい。すぐに神戸を訪ねた音場は、野崎に見せられた現場の写真から、小坂が事件前に近くの神社の祭りに足を運んでいたことに気づく。縁日の露店商から話を聞くと、小坂は女と話していたらしい。同じころ、音場の元妻で下谷警察署交通課の警察官・亜子は、知人の芸能事務所の社長から人捜しを頼まれる。売り出し中の所属歌手・アリスが5日前に突然消えたというのだ。

 訳ありの元刑事と現役警官の元妻のコンビが追う事件がやがてつながる長編ハードボイルド。(徳間書店 650円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  2. 2

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  3. 3

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  4. 4

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  7. 7

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  8. 8

    V候補がGL敗退危機に…アルゼンチン衝撃的惨敗の“元凶”

  9. 9

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

  10. 10

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

もっと見る