「日本企業が社員に『希望』を与えた時代」 立石泰則著

公開日: 更新日:

 松下幸之助は社員に、自分たちの仕事が世の中を良くするものだと教え、「働く希望」を与えた。GHQから財閥指定を受けて人員削減をしたときは、会社に残る者は給料の保証はできないと伝え、退職を選んでも、業績が回復したときは戻ってきてもかまわないと言った。後に松下電器の副社長や社長になった社員はこのときの出戻り組だった。幸之助の「家族主義」を捨て、米国式の経営手法を取った6代目社長の中村邦夫は、45歳以上の社員は要らないと大規模な人員削減を実施した。社員を人間として扱った幸之助と異なり、社員を単なるコストと見たため、優秀なエンジニアの流出を招いた。

 日本企業の経営のあり方に対する警告の書。(七つ森書館 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ビートたけし“本妻vs愛人”100億円離婚劇ドロ沼決着のウラ

  2. 2

    トランプ親書を尻に?安倍首相の外交力を海外メディア酷評

  3. 3

    5%割れなら…NHKが密かに画策「いだてん」終了プラン

  4. 4

    韓国芸能界は騒然…YGヤン会長辞任の波紋と日本への影響

  5. 5

    自民が陥った参院選目前の“三重苦” 1人区に逆風で状況一変

  6. 6

    生保調査で分かった 60歳2000人貯蓄の内実と迫る消費不況

  7. 7

    “仰天婚”山里と“闇営業解雇”入江 吉本芸人の明暗クッキリ

  8. 8

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  9. 9

    「いだてん」はオワコン NHK早くも「麒麟が来る」必勝態勢

  10. 10

    娘の命を助けてくれたから…母親が恩人に“返した”ものとは

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る