• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「日本企業が社員に『希望』を与えた時代」 立石泰則著

 松下幸之助は社員に、自分たちの仕事が世の中を良くするものだと教え、「働く希望」を与えた。GHQから財閥指定を受けて人員削減をしたときは、会社に残る者は給料の保証はできないと伝え、退職を選んでも、業績が回復したときは戻ってきてもかまわないと言った。後に松下電器の副社長や社長になった社員はこのときの出戻り組だった。幸之助の「家族主義」を捨て、米国式の経営手法を取った6代目社長の中村邦夫は、45歳以上の社員は要らないと大規模な人員削減を実施した。社員を人間として扱った幸之助と異なり、社員を単なるコストと見たため、優秀なエンジニアの流出を招いた。

 日本企業の経営のあり方に対する警告の書。(七つ森書館 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    巨人・重信の台頭で…“FAの目玉”広島・丸の獲得に影響も

  9. 9

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  10. 10

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

もっと見る