「ぼくの宝物絵本」穂村弘著

公開日: 更新日:

 酒やギャンブルに代わって、歌人の著者のストレス解消や心の癒やしは、絵本やきれいな絵ハガキなどの紙モノを見たり買ったりすることだという。

 初めて絵本を意識したのは、会社員になってすぐのころ。仕事の休憩時間に立ち寄る古本屋で手にした雑誌の武井武雄の特集号だった。紹介された氏の絵本の一部を見て、そこに「天国」を感じた著者は、これは子供のための本ではなく「僕のための本だ」と思ったという。以来、氏の本の収集が続いているという。

 ほかにも作中に挿入された「神の視点」が、異様なトリップ感を与えてくれるという「ありこのおつかい」(いしいももこ作・なかがわそうや絵)など、古今の名作をオールカラーで紹介しながらつづられる絵本エッセー。(河出書房新社 740円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「闇営業」謹慎処分で一番ワリを食ったガリットチュウ福島

  2. 2

    反乱なのか 安倍首相“側近議員”がアベノミクスの成果否定

  3. 3

    「安倍さんは信用できない」拉致被害者家族の悲痛な叫び

  4. 4

    宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「遅すぎた決断」の代償

  5. 5

    “仰天婚”山里と“闇営業解雇”入江 吉本芸人の明暗クッキリ

  6. 6

    吉本興業と安倍政権は蜜月 官民ファンド100億円出資の行方

  7. 7

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  8. 8

    妹の葬儀にも姿なし 芸能記者が見た中森明菜「一家」の今

  9. 9

    超肉食同士は食い合わない?蒼井優が唯一落とせなかった男

  10. 10

    トヨタはモデル平均21万円 大企業の「企業年金」いくら?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る