• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ぼくの宝物絵本」穂村弘著

 酒やギャンブルに代わって、歌人の著者のストレス解消や心の癒やしは、絵本やきれいな絵ハガキなどの紙モノを見たり買ったりすることだという。

 初めて絵本を意識したのは、会社員になってすぐのころ。仕事の休憩時間に立ち寄る古本屋で手にした雑誌の武井武雄の特集号だった。紹介された氏の絵本の一部を見て、そこに「天国」を感じた著者は、これは子供のための本ではなく「僕のための本だ」と思ったという。以来、氏の本の収集が続いているという。

 ほかにも作中に挿入された「神の視点」が、異様なトリップ感を与えてくれるという「ありこのおつかい」(いしいももこ作・なかがわそうや絵)など、古今の名作をオールカラーで紹介しながらつづられる絵本エッセー。(河出書房新社 740円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    巨人・重信の台頭で…“FAの目玉”広島・丸の獲得に影響も

  9. 9

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  10. 10

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

もっと見る