「完全版 生ごみ先生が教える『元気野菜づくり』超入門」吉田俊道著

公開日:

 虫食いがあるのは無農薬野菜の証拠で、虫食いがある野菜はおいしいと思い込んでいる人が多い。実は虫は、元気な野菜がつくる「セルロース」などの高分子の成分を消化・吸収できない。そのため、「不健康な、まずい野菜」を選ぶのだ。著者は生ごみを使って野菜づくりをしているが、生ごみを土とよく混ぜると有機物が十分に分解され、有害ガスが出なくなった「完熟」状態になる。こうしてできた土は微生物がいっぱいで、素晴らしい養分を含んでいるため、元気で栄養価が高い野菜ができる。

 生ごみリサイクル元気野菜づくりと元気人間づくりの旋風を巻き起こした著者が初版を全面改訂。(東洋経済新報社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

もっと見る