• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「完全版 生ごみ先生が教える『元気野菜づくり』超入門」吉田俊道著

 虫食いがあるのは無農薬野菜の証拠で、虫食いがある野菜はおいしいと思い込んでいる人が多い。実は虫は、元気な野菜がつくる「セルロース」などの高分子の成分を消化・吸収できない。そのため、「不健康な、まずい野菜」を選ぶのだ。著者は生ごみを使って野菜づくりをしているが、生ごみを土とよく混ぜると有機物が十分に分解され、有害ガスが出なくなった「完熟」状態になる。こうしてできた土は微生物がいっぱいで、素晴らしい養分を含んでいるため、元気で栄養価が高い野菜ができる。

 生ごみリサイクル元気野菜づくりと元気人間づくりの旋風を巻き起こした著者が初版を全面改訂。(東洋経済新報社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  4. 4

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  5. 5

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  6. 6

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  7. 7

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  8. 8

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  9. 9

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  10. 10

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

もっと見る