「完全版 生ごみ先生が教える『元気野菜づくり』超入門」吉田俊道著

公開日: 更新日:

 虫食いがあるのは無農薬野菜の証拠で、虫食いがある野菜はおいしいと思い込んでいる人が多い。実は虫は、元気な野菜がつくる「セルロース」などの高分子の成分を消化・吸収できない。そのため、「不健康な、まずい野菜」を選ぶのだ。著者は生ごみを使って野菜づくりをしているが、生ごみを土とよく混ぜると有機物が十分に分解され、有害ガスが出なくなった「完熟」状態になる。こうしてできた土は微生物がいっぱいで、素晴らしい養分を含んでいるため、元気で栄養価が高い野菜ができる。

 生ごみリサイクル元気野菜づくりと元気人間づくりの旋風を巻き起こした著者が初版を全面改訂。(東洋経済新報社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「闇営業」謹慎処分で一番ワリを食ったガリットチュウ福島

  2. 2

    反乱なのか 安倍首相“側近議員”がアベノミクスの成果否定

  3. 3

    「安倍さんは信用できない」拉致被害者家族の悲痛な叫び

  4. 4

    宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「遅すぎた決断」の代償

  5. 5

    “仰天婚”山里と“闇営業解雇”入江 吉本芸人の明暗クッキリ

  6. 6

    吉本興業と安倍政権は蜜月 官民ファンド100億円出資の行方

  7. 7

    妹の葬儀にも姿なし 芸能記者が見た中森明菜「一家」の今

  8. 8

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  9. 9

    超肉食同士は食い合わない?蒼井優が唯一落とせなかった男

  10. 10

    トヨタはモデル平均21万円 大企業の「企業年金」いくら?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る