• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「完全版 生ごみ先生が教える『元気野菜づくり』超入門」吉田俊道著

 虫食いがあるのは無農薬野菜の証拠で、虫食いがある野菜はおいしいと思い込んでいる人が多い。実は虫は、元気な野菜がつくる「セルロース」などの高分子の成分を消化・吸収できない。そのため、「不健康な、まずい野菜」を選ぶのだ。著者は生ごみを使って野菜づくりをしているが、生ごみを土とよく混ぜると有機物が十分に分解され、有害ガスが出なくなった「完熟」状態になる。こうしてできた土は微生物がいっぱいで、素晴らしい養分を含んでいるため、元気で栄養価が高い野菜ができる。

 生ごみリサイクル元気野菜づくりと元気人間づくりの旋風を巻き起こした著者が初版を全面改訂。(東洋経済新報社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  2. 2

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  3. 3

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  4. 4

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  7. 7

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  8. 8

    V候補がGL敗退危機に…アルゼンチン衝撃的惨敗の“元凶”

  9. 9

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

  10. 10

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

もっと見る