• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「放たれた虎」ミック・ヘロン著 田村義進訳

 ロンドン・フィンズベリー自治区にある「泥沼の家」は、仕事でミスを犯したスパイが送られる情報部保安局の出先機関。「泥沼の家」のリーダー・ラムは、ある朝、全員を集め、無断欠勤した秘書のキャサリンについて情報を求めるが、誰も答えられない。ミーティング中、リヴァーの携帯電話に手錠と猿ぐつわで拘束されたキャサリンの写真が届く。誰にも打ち明けず、リヴァーがメールで指示された場所に行くと、待っていた男は、キャサリンと引き換えに80分以内に厳重に保管されたある情報を本部から盗み出してくるよう要求してくる。

 落ちこぼれの情報員たちを主人公にしたスパイ小説「窓際のスパイ」シリーズ第3弾。

(早川書房 1160円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    巨人・重信の台頭で…“FAの目玉”広島・丸の獲得に影響も

  9. 9

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  10. 10

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

もっと見る