「放たれた虎」ミック・ヘロン著 田村義進訳

公開日:  更新日:

 ロンドン・フィンズベリー自治区にある「泥沼の家」は、仕事でミスを犯したスパイが送られる情報部保安局の出先機関。「泥沼の家」のリーダー・ラムは、ある朝、全員を集め、無断欠勤した秘書のキャサリンについて情報を求めるが、誰も答えられない。ミーティング中、リヴァーの携帯電話に手錠と猿ぐつわで拘束されたキャサリンの写真が届く。誰にも打ち明けず、リヴァーがメールで指示された場所に行くと、待っていた男は、キャサリンと引き換えに80分以内に厳重に保管されたある情報を本部から盗み出してくるよう要求してくる。

 落ちこぼれの情報員たちを主人公にしたスパイ小説「窓際のスパイ」シリーズ第3弾。

(早川書房 1160円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る