「ワクチン副作用の恐怖」近藤誠著

公開日: 更新日:

 ワクチンが病気を予防するという世間の「常識」に警鐘を鳴らす一冊。本を手にしてまず驚かされたのは英国の結核死亡率のグラフ。結核ワクチンが導入されるはるか以前から死亡率は自然減しており、ワクチン効果が予想以上に小さいことが分かる。著者は天然痘をはじめ有用なワクチンを認めつつ、幼児期に40本ものワクチンを打ち、高齢者にも肺炎球菌ワクチンなどを打つことへの合理的懸念を並べている。

 例えば肺炎で亡くなる高齢者は多いものの、それは誤嚥性肺炎など必ずしも肺炎球菌ワクチンで防げる肺炎とはいえないこと、ワクチン接種が義務でないという意味は何かあったら自己責任であるということ、欧米では一般的でないワクチンが日本では当たり前のように接種されていることなど。さらには決して少なくはない副作用の事実を論文などを交えて紹介、ワクチンの毒性に気づかせてくれる。

(文藝春秋 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河井夫妻逮捕ならトドメ 自民で激化「安倍降ろし」の動き

  2. 2

    カタギに女房を寝取られたヤクザが逆上して襲撃する時代

  3. 3

    同志社大教授・浜矩子氏「越を脱して超に入って共生する」

  4. 4

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  5. 5

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  6. 6

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  7. 7

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  8. 8

    狙い目はリネン 外出自粛明けの春服セールで買うべきもの

  9. 9

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  10. 10

    国民の怒り再燃 全戸配布で沸き起こる“アベノマスクの乱”

もっと見る