「ワクチン副作用の恐怖」近藤誠著

公開日:  更新日:

 ワクチンが病気を予防するという世間の「常識」に警鐘を鳴らす一冊。本を手にしてまず驚かされたのは英国の結核死亡率のグラフ。結核ワクチンが導入されるはるか以前から死亡率は自然減しており、ワクチン効果が予想以上に小さいことが分かる。著者は天然痘をはじめ有用なワクチンを認めつつ、幼児期に40本ものワクチンを打ち、高齢者にも肺炎球菌ワクチンなどを打つことへの合理的懸念を並べている。

 例えば肺炎で亡くなる高齢者は多いものの、それは誤嚥性肺炎など必ずしも肺炎球菌ワクチンで防げる肺炎とはいえないこと、ワクチン接種が義務でないという意味は何かあったら自己責任であるということ、欧米では一般的でないワクチンが日本では当たり前のように接種されていることなど。さらには決して少なくはない副作用の事実を論文などを交えて紹介、ワクチンの毒性に気づかせてくれる。

(文藝春秋 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る