「ワクチン副作用の恐怖」近藤誠著

公開日:  更新日:

 ワクチンが病気を予防するという世間の「常識」に警鐘を鳴らす一冊。本を手にしてまず驚かされたのは英国の結核死亡率のグラフ。結核ワクチンが導入されるはるか以前から死亡率は自然減しており、ワクチン効果が予想以上に小さいことが分かる。著者は天然痘をはじめ有用なワクチンを認めつつ、幼児期に40本ものワクチンを打ち、高齢者にも肺炎球菌ワクチンなどを打つことへの合理的懸念を並べている。

 例えば肺炎で亡くなる高齢者は多いものの、それは誤嚥性肺炎など必ずしも肺炎球菌ワクチンで防げる肺炎とはいえないこと、ワクチン接種が義務でないという意味は何かあったら自己責任であるということ、欧米では一般的でないワクチンが日本では当たり前のように接種されていることなど。さらには決して少なくはない副作用の事実を論文などを交えて紹介、ワクチンの毒性に気づかせてくれる。

(文藝春秋 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る