• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「たゆたえども沈まず」原田マハ著

 舞台は、19世紀末のパリ。日本美術を扱う美術商「若井・林商会」の林忠正のもとで働くため、加納重吉が期待に胸を弾ませて日本からパリへやってきたところから物語は始まる。

 開成学校でパリへの留学を夢見ていた重吉にとって、一足先にパリに足を踏み入れ、美術市場にジャポニズム旋風を巻き起こしていた林は憧れの存在だった。重吉は林に誘われるようにして、パリ美術界の一員となっていく。そこで出会ったのは、ストイックかつ不器用に自分の絵の世界を追求し続けるゴッホと、そんなゴッホの才能を信じて全力で支えようとする弟のテオ。重吉は、ジャポニズムとフランス絵画の交流を通して、フランス美術界に今までにはなかった全く新しい絵画が生まれる瞬間を目撃しつつあった。

 アート小説という一分野を切り開いた著者による最新作。有名なゴッホとゴーギャンのエピソードなども盛り込みながら、ゴッホという不遇の画家の一生を日本人美術商との交流を通して描いていく。当時のパリの美術界に、浮世絵などに代表される日本絵画が大きな影響を与えていたことがリアルに伝わってくる。

(幻冬舎 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  4. 4

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  5. 5

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  6. 6

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  7. 7

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  10. 10

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

もっと見る