「たゆたえども沈まず」原田マハ著

公開日: 更新日:

 舞台は、19世紀末のパリ。日本美術を扱う美術商「若井・林商会」の林忠正のもとで働くため、加納重吉が期待に胸を弾ませて日本からパリへやってきたところから物語は始まる。

 開成学校でパリへの留学を夢見ていた重吉にとって、一足先にパリに足を踏み入れ、美術市場にジャポニズム旋風を巻き起こしていた林は憧れの存在だった。重吉は林に誘われるようにして、パリ美術界の一員となっていく。そこで出会ったのは、ストイックかつ不器用に自分の絵の世界を追求し続けるゴッホと、そんなゴッホの才能を信じて全力で支えようとする弟のテオ。重吉は、ジャポニズムとフランス絵画の交流を通して、フランス美術界に今までにはなかった全く新しい絵画が生まれる瞬間を目撃しつつあった。

 アート小説という一分野を切り開いた著者による最新作。有名なゴッホとゴーギャンのエピソードなども盛り込みながら、ゴッホという不遇の画家の一生を日本人美術商との交流を通して描いていく。当時のパリの美術界に、浮世絵などに代表される日本絵画が大きな影響を与えていたことがリアルに伝わってくる。

(幻冬舎 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  2. 2

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  3. 3

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  4. 4

    パCSファイナルで激突 西武とソフトBはFA戦線でも暗闘

  5. 5

    巨人にやっと1勝…阪神には落合博満のような“劇薬”が必要

  6. 6

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  7. 7

    複数球団が熱視線 ソフトB福田がオフFA最大の目玉は本当か

  8. 8

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  9. 9

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  10. 10

    予算委で露呈 想像を超えるオンポロ内閣、チンピラ答弁

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る