• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
本城雅人
著者のコラム一覧
本城雅人作家

1965年、神奈川県生まれ。明治学院大学卒。スポーツ新聞の記者を経て09年「ノーバディノウズ」(第1回サムライジャパン野球文学賞)でデビュー。17年「ミッドナイト・ジャーナル」で第38回吉川英治文学新人賞を受賞。著書に「紙の城」「監督の問題」など多数。

連載<20> 俺なんかに騙される方が悪い

「同業他社でも、記者同士でなければ別に問題はない。西條から結婚の報告をされた際も、俺は旦那と話し合えと伝えた。私が異動しますと話したのは西條だ」

 伊場が翔馬に言う。

「俺が記者をやめれば、由貴子を戻してくれるんですか」…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事