「星ちりばめたる旗」小手鞠るい著

公開日:  更新日:

 ジュンコの名は小鳥のダーク・アイド・ジュンコからつけられた。子どもたちを完璧なアメリカ人として育てようとした日系2世の母は、ジュンコの名を漢字にしなかったが、ジュンコは空港で日本へも行ける大型飛行機を見ていると、熱い思いが沸いてきた。祖父の大原幹三郎は、アジア人労働者を募集する「アメリカは君たちを求めている!」という求人広告に引かれて1904年にアメリカにやってきた。祖母の佳乃は12年後に「写真花嫁」として幹三郎に嫁いだ。鉄道工事の仕事から農園の労働者となり、幹三郎は人生を切り開いてきたのだ。

 日系人差別と闘いながら生きてきた家族の100年にわたる物語。

 (ポプラ社 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  3. 3

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  4. 4

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  7. 7

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  8. 8

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  9. 9

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  10. 10

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

もっと見る