「短編伝説 愛を語れば」集英社文庫編集部編 嵐山光三郎ほか著

公開日:

 徹夜で仕事を終えた作家の「わたし」は、取材旅行のためウィーン行きの飛行機に飛び乗る。2週間前に喧嘩別れしたままの恋人と仲直りしてから出国するつもりだったが、果たせなかった。離陸直後、話しかけてきた隣席の男は、古書の仕入れにウィーンに向かうという。飛行機で気持ちよく眠れたことがないというわたしに、男は15年ほど前、初めてウィーンに向かう機内で知り合った老婆のことを話しだす。老婆は30年文通していた日本人ペンフレンドの墓参りの帰りだったという。(小川洋子著「飛行機で眠るのは難しい」)

 そのほか、吉行淳之介から江國香織まで、多彩な執筆陣がさまざまな愛を描いた作品を集めたアンソロジー19編。

(集英社 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  5. 5

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  6. 6

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

もっと見る