「短編伝説 愛を語れば」集英社文庫編集部編 嵐山光三郎ほか著

公開日:

 徹夜で仕事を終えた作家の「わたし」は、取材旅行のためウィーン行きの飛行機に飛び乗る。2週間前に喧嘩別れしたままの恋人と仲直りしてから出国するつもりだったが、果たせなかった。離陸直後、話しかけてきた隣席の男は、古書の仕入れにウィーンに向かうという。飛行機で気持ちよく眠れたことがないというわたしに、男は15年ほど前、初めてウィーンに向かう機内で知り合った老婆のことを話しだす。老婆は30年文通していた日本人ペンフレンドの墓参りの帰りだったという。(小川洋子著「飛行機で眠るのは難しい」)

 そのほか、吉行淳之介から江國香織まで、多彩な執筆陣がさまざまな愛を描いた作品を集めたアンソロジー19編。

(集英社 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  3. 3

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  6. 6

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  7. 7

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  8. 8

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

もっと見る