「京都ぎらい 官能篇」井上章一著

公開日:  更新日:

 今でこそ、京都は気品と風格あふれる古都として認知されているが、明治・大正期の雑誌では街の淫風が書きたてられていたという。ベストセラーの続編である本書では、京都の知られざるそのもうひとつの顔を暴く。

 嵯峨で育った著者が物心ついたときに見かけたことがあるギ王寺の美人庵主・智照尼の数奇な人生、そのギ王寺にまつわる女性たちの物語、江戸時代に商用で入洛した男たちを接待した「牙儈」と呼ばれた女性たちの存在、後宮の女性の魅力を活用して新田義貞の心をとらえ、軍事力を利用した後醍醐天皇、若い女に裸体が透けるような装いをさせて男たちを供応する太平記に描かれた「シースルーパーティー」など。

 京都の歴史を彩る女性たちの色香にスポットを当てる。(朝日新聞出版 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  4. 4

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  10. 10

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

もっと見る