「京都ぎらい 官能篇」井上章一著

公開日:  更新日:

 今でこそ、京都は気品と風格あふれる古都として認知されているが、明治・大正期の雑誌では街の淫風が書きたてられていたという。ベストセラーの続編である本書では、京都の知られざるそのもうひとつの顔を暴く。

 嵯峨で育った著者が物心ついたときに見かけたことがあるギ王寺の美人庵主・智照尼の数奇な人生、そのギ王寺にまつわる女性たちの物語、江戸時代に商用で入洛した男たちを接待した「牙儈」と呼ばれた女性たちの存在、後宮の女性の魅力を活用して新田義貞の心をとらえ、軍事力を利用した後醍醐天皇、若い女に裸体が透けるような装いをさせて男たちを供応する太平記に描かれた「シースルーパーティー」など。

 京都の歴史を彩る女性たちの色香にスポットを当てる。(朝日新聞出版 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る