「ディレイ・エフェクト」宮内悠介著

公開日:  更新日:

 2019年の東京。年明け元日から奇妙な現象が起こり始めた。それは、1944年、75年前の東京が可視化され、現実世界の進行と連動し始めたのだ。

 場面は主人公の家。茶の間と重なり合ったリビングのソファに、半透明のちゃぶ台が写りこんでいる。座っているのは曽祖父。読んでいる新聞には大戦中の北支の戦闘の模様が掲載されている。台所には曽祖母、彼女は45年3月10日の東京大空襲で焼死することになっている。

 こうした状況に、妻と娘は次第に病みはじめ、疎開することに。一人残された男は幻の吹雪の中、オフィスでそのときを待つ。そして3月10日、妻から手紙が届く。そこには驚くような疎開の理由が書かれていた。

 芥川賞候補になった短編集。ほかに「空蝉」「阿呆神社」の2編を収録。(文藝春秋 1450円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  9. 9

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  10. 10

    掛布氏と岡田氏は会話せず…阪神OB会に漂った微妙な空気

もっと見る