• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ディレイ・エフェクト」宮内悠介著

 2019年の東京。年明け元日から奇妙な現象が起こり始めた。それは、1944年、75年前の東京が可視化され、現実世界の進行と連動し始めたのだ。

 場面は主人公の家。茶の間と重なり合ったリビングのソファに、半透明のちゃぶ台が写りこんでいる。座っているのは曽祖父。読んでいる新聞には大戦中の北支の戦闘の模様が掲載されている。台所には曽祖母、彼女は45年3月10日の東京大空襲で焼死することになっている。

 こうした状況に、妻と娘は次第に病みはじめ、疎開することに。一人残された男は幻の吹雪の中、オフィスでそのときを待つ。そして3月10日、妻から手紙が届く。そこには驚くような疎開の理由が書かれていた。

 芥川賞候補になった短編集。ほかに「空蝉」「阿呆神社」の2編を収録。(文藝春秋 1450円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    梨田監督ついに決断…楽天・松井は二軍落ちが大正解の理由

  7. 7

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  8. 8

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  9. 9

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  10. 10

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

もっと見る