• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ディレイ・エフェクト」宮内悠介著

 2019年の東京。年明け元日から奇妙な現象が起こり始めた。それは、1944年、75年前の東京が可視化され、現実世界の進行と連動し始めたのだ。

 場面は主人公の家。茶の間と重なり合ったリビングのソファに、半透明のちゃぶ台が写りこんでいる。座っているのは曽祖父。読んでいる新聞には大戦中の北支の戦闘の模様が掲載されている。台所には曽祖母、彼女は45年3月10日の東京大空襲で焼死することになっている。

 こうした状況に、妻と娘は次第に病みはじめ、疎開することに。一人残された男は幻の吹雪の中、オフィスでそのときを待つ。そして3月10日、妻から手紙が届く。そこには驚くような疎開の理由が書かれていた。

 芥川賞候補になった短編集。ほかに「空蝉」「阿呆神社」の2編を収録。(文藝春秋 1450円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  6. 6

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  9. 9

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

  10. 10

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

もっと見る